How to

課長・部長に昇進したら身につけたい「装い」アイテム 大手百貨店の担当者に聞きました

2018/2/25

「オースチン リード カット」の紺のスリーピース(17万2800円)、「ヒトヨシ」のグレークレリックのシャツ(1万260円)、「クスカ」の緑のネクタイ(1万4040円)

スーツと同じ生地を使ったベストを身に着ければ、それだけで見た目の「重み」が増すという。お薦めは英国のスーツブランド「オースチン リード カット」の紺のスリーピース(17万2800円)。「正統的な装いなのでモチベーションも上がるはず」(高倉さん)

「ジョン ロブ」の黒のクォーターブローグ(24万8400円)

部長級にはやはり英ジョンロブの黒色革靴。穴飾りを施した「クオーターブローグ」(24万8400円)がお薦めだ。高倉氏は「本物の革はウソをつかない。その質感は値段に応じて上がっていく」と強調。「足元にこだわると、ひとつ格上の装いを手に入れることができます」と話す。

■大丸 3Dスキャナーで「自分だけの一着」

大丸東京店(東京・千代田)の営業推進部バイイングスタッフ、城田剛さんのお薦めは、1月に導入したばかりの3Dボディースキャナー(3次元身体測定機)を利用したイージーオーダーだ。

米サイズストリーム社が開発した3Dボディースキャナー。30秒で200万カ所を計測できる
イージーオーダースーツ7万3440円(参考価格)

メジャーを使った手作業による採寸に代わり、装置がわずか30秒で200万カ所を計測、その中から抽出した60カ所の寸法に基づき、その人だけのスーツを作製する。輸入服地を使った場合の参考価格は7万3440円。

「GANZO」の名刺入れ(2万1600円)

城田さんが新部長にお薦めするのは、日本の革製品ブランド「GANZO(ガンゾ)」の茶色の名刺入れ(2万1600円)。「使い込むほどに色合いは濃くなり風合いが増します」という。

(松本治人)

関連記事「新社会人向けイチ推しスーツ まずは基本に忠実に」もお読みください。

Latest