1秒で、脳を「すぐやる」モードに変えるコツ

日経ウーマン

ついダラダラしてしまうのは、脳に負担がかかっているせいかも (写真はイメージ=PIXTA)
ついダラダラしてしまうのは、脳に負担がかかっているせいかも (写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

やりたいことがたくさんあるのについ先延ばししてしまうのは、脳を正しく使えていないからかも。脳が疲れる習慣を取り除き、テキパキとやるべきことに取りかかるコツを、作業療法士の菅原洋平さんが伝授します。

【事前準備編】あなたの脳の「元気度」をチェックしてみよう

睡眠不足だったり、眠りの質が低かったりすると、脳を活性化するのは難しい。まずは睡眠の現状を把握しよう。睡眠の質が改善すると、脳を「すぐやる」モードにしやすくなる。

今の脳の元気度をチェックしてみよう

どれか1つを取り入れて睡眠の質を改善

「下記のうち1つを選んで実行するだけで、睡眠の質が改善されます。2週間続ければ、体の変化を感じられますよ」(菅原さん)

[朝]
平日と休日の起床時刻の差を1時間以内に
目覚めたら窓から1メートル以内で朝日を浴びる
[昼]
起きて6時間後に1~30分、目を閉じる
[夕方]
起きて11時間後に、できるだけ体を動かす
[寝る前]
ベッドの中では読書やスマホを“封印”する
起きる時間を3回唱えて寝る

【STEP1】脳の疲れを取る

生産性を上げるために取り入れている日々の習慣が、実は脳の疲れを招いていることも。まずは、脳を疲れさせる習慣をやめて、物事にスムーズに取りかかるためのエネルギーを蓄えることから始めよう。

脳を疲れさせないために「やめること」

1.パソコンの周りにたくさんの付箋を貼らない

「資料作成など目の前の仕事に集中すべきときに、TO DOなど他にやるべきことの情報が目に入る環境は、脳のエネルギーを無駄遣いすることにつながります。あえて気が散るような環境はつくらないこと」

2.「やればできる」という言葉を使わない

「やるべき仕事を目の前にしながら、『やればできる』『やらなくちゃ』などと頭のなかでつぶやいていても、脳は『結局、今やるべきなの?』と戸惑うだけ。やる・やらないをハッキリさせるのが、脳にスイッチを入れるコツです」

3.SNSで他人の行動をチェックしない

「何気なくSNS(交流サイト)を見続けるのは、脳の“容量”と時間の無駄遣いにつながります。料理のレシピや仕事術など、自分にとって必要な情報を選ぶように意識しましょう」

注目記事
次のページ
すぐやる! 自分になる5つのコツ