powered by 大人のレストランガイド

春巻きって何? 歴史は謎だが、レシピは多彩

春巻き、外はパリっと、中はトロり
春巻き、外はパリっと、中はトロり

オットの大好物は春巻きである。結婚以来「今夜何食べたい?」という不毛な質問には、根気よく「春巻き」と言い続けてきた男だ。揚げ物は面倒だが、コロッケなどと比べれば「巻くだけ」の春巻きははるかにハードルが低い。なので「わかった。何の春巻きがいい?」と私が答え「何の春巻きって、春巻きはひとつだろ。キャベツの入ったやつ」とオットが返し「キャベツが入った春巻きなんて聞いたことないわ!」と私「キャベツが普通だろ!」とオット……と、まいどおなじみの口論になるところまでがセットである。あらゆる食べ物にお互いの「普通」がぶつかるのが結婚というものだが、こと春巻きに関してはいまだに歩み寄りができない。

春巻きとは何か。そもそも「普通の春巻き」とか「基本の春巻き」などというものは存在するのか。

その謎を明らかにすべく我々はアマゾン奥地へと向かった。いや、間違えた。街へと飛び出した。神保町の古書街では中国の古い文献を片っ端からめくり、新宿の大きな書店では各ジャンルの書架を総なめにし、国会図書館では食べ物がらみの参考文献をかき集め、街の中華やデパ地下では春巻きのリアルを追い求め、ネットの海では人気レシピの数に溺れた。すると不思議なことに、もっと真っ暗闇の迷路に入ってしまったのだ。

春雨入りの春巻きも多い

なぜ、春巻きについての資料がこんなに少ないのだろう。

考えてみてほしい。間違いなく春巻きは人気者だ。中華を代表するメニューとして、かなり上位に位置すると言っていいだろう。ギョーザ、チャーハンよりは下だとしても、エビチリよりは人を選ばない。あとちょっと食べたい時の追加メニューとしては、シューマイと同率1位である。中華メニュー総選挙があったら、10位以内に入るのは間違いない。

本格的な点心舗はもちろん、街の中華からチェーン店まで、春巻きはメニューにあって当たり前といった感がある。ちょっとスーパーを歩けば冷凍食品コーナーにも、チルドコーナーにも、そしてすでに揚げられて食べるだけの惣菜コーナーにも、春巻きの姿は見て取れる。お弁当のおかずとして定番だし、私が毎朝行くコンビニだって、朝からせっせと春巻きを揚げているのだ。こんなに人気者なのに、資料は少ないとはどういうことだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド