グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

焼き鳥は「近火の強火」 絶妙の焼き加減、おまかせで

2018/2/26

おまかせコースの「お通し」

本店同様、ここ分店でもおまかせコースで焼き鳥を楽しむのが流儀だ。まずは、お通しで乾杯。

目にも鮮やかな「お通し」は、季節の野菜を中心に作られる。皿の左側は、チコリやラディッシュといった生野菜や、ゆでた安納芋など数種類、奥には甘味噌。右側は漬け物3種、焼き鳥を食べる合間にちょうどよくつまめる。

ささ身にワサビをのせた「さび」

焼き鳥は、ゲストの様子を見ながら絶妙なタイミングで供される。ささ身にワサビをのせた「さび」は人気の1本。ピリッとしたワサビをアクセントに甘い肉の繊維がほどけていく。

ベーシックな「かしわ(もも肉)」は弾力があり、香ばしさの中から肉汁があふれ出す。たれは甘さ控えめで、肉のうまみがガツンとくるのがいい。

「かしわ(もも肉)」は弾力があり、香ばしさの中から肉汁があふれ出す

焼き場の前に置かれたたれは6種類。横に大きなツボもあり、肉の特徴に合わせて選別し、焼きの途中で絡めていく。

さっとあぶった艶のある「血肝(レバー)」を口に含むと、表面がほどけて、とてもクリーミー。

「血肝(レバー)」は、とろけるよう

「はつ」はプリッとしていて、弾力がたまらない。「近火の強火」を柔軟に扱い、部位が持つ食感と味を上手に引き出している。

食べごたえのある「手羽先」も人気の1本。皮目はカリッと香ばしく、肉のうまみが強い。

「はつ」はプリッとして、弾力がたまらない

そして「皮」。パリッと焼かれた中に肉汁が閉じ込められ、臭みなくしょうゆの香りが心地いい。添えてあるレモンを搾るのを忘れるほど。

止まることなく食べてしまう、「目黒 鳥かど」の焼き鳥。とにかく、肉だけで十分なのだ。「みなさん、10本以上は召し上がられます。好みや苦手な部位などをお聞きしながら焼きますので、気軽にお声がけください」(小野田さん)。

お酒は日本酒、焼酎からワインまでさまざま。どれも小野田さんがセレクトしたもの。「黄金しょうがのジンジャーエール」など、ソフトドリンクも用意している。

おまかせコースの焼き鳥の合間に出される一品メニューの「温かいポテトサラダ」

分店の特徴のひとつが、おまかせコースの焼き鳥の合間に出される一品メニュー。中でも人気は「温かいポテトサラダ」で、甘みがある肉そぼろにマッシュポテトがぽってりのっている。とろっとしていて、ほのかに酸味があり、箸がついつい進んでしまう。

シメは、卵が半熟の「親子丼」または鶏スープの「うどん」から選択する。どちらも甲乙つけがたい。近く、テイクアウトの弁当も始めるとのこと。

「目黒 鳥かど」の店主、小野田幸平さん

オープンから1年経ち、いよいよ個室も始動するそうだ。「鍋など、個室ならではのメニューも考えていきたい」と小野田さん。個室の予約はカウンター席同様、毎月15日(休みの場合は翌営業日)14時からの電話で受け付ける。受け付け初日でその1カ月分が埋まってしまうそうだが、運がよいと21時以降の予約が取れることもあるようなので、当日の電話にかけてみるのも手だ。

<メニュー>

おまかせコースのみ(ストップ制、コース内の一品メニュー例:温かいポテトサラダ・親子丼・うどんなど)時価 / 生ビール 680円 / 日本酒 750円~ / おすすめ日替わりグラス白ワイン 700円~ ※価格はすべて税抜

目黒 鳥かど
住所:東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビルB1F
電話番号:03-6417-9967
営業時間:18:00~24:00(最終入店23:00)
定休日 :日曜
*上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL