powered by 大人のレストランガイド

沖縄伝統の塩、自然の力生かす 全国製塩所巡り(1)魅惑のソルトワールド(13)

沖縄伝統の製法で作った「浜比嘉塩」を使ったマグロのごま塩あえ
沖縄伝統の製法で作った「浜比嘉塩」を使ったマグロのごま塩あえ

みなさんは日本全国でどのくらいの種類の塩が作られているのか、ご存じでしょうか? 製塩所(塩を作る工場)の規模は大小実に様々ですが、なんと日本には500カ所以上の製塩所が存在します。これは世界的にも珍しく、近隣諸国を見わたしてみても、こんなにたくさんの製塩所が存在する国ってないのです。しかもその製法は非常に多種多様で、日本独自のものもちらほら。そう、実は日本はアジアナンバーワンの塩の名産地。塩のオリンピックがあったら、確実にメダル候補です。

さらに、その一つひとつに、生産者さんの熱い想いや魅力的な人柄があり、波瀾万丈(はらんばんじょう)の歴史あり、涙なしには語れない感動の物語あり……もちろんそうでないこともありますが……、とにかく、そういった味わい以外のことも、塩の魅力の一つなのです。

ということで、私が今までに訪ね歩いてきた各地の製塩所と、そこで生み出される塩、そしてそのおいしい使い方を、この連載の中に織り交ぜていきたいと思っています。

日本全国には、多種多様な塩がある

まずどこの製塩所をご紹介するのか頭を悩ませましたが、やはりそこは沖縄在住の身(移住して11年目)。第2の故郷びいきで、沖縄県の塩から紹介していこうと思います。

沖縄県は、沖縄本島をはじめ49の有人島と多数の無人島から構成されており、黒潮が流れるエメラルドグリーンの美しい海と、熱帯性・亜熱帯性気候で、年間を通じて温暖な気候に恵まれています。

かつては海水をひたすら釜で煮る製法が主流でしたが、1600年ごろの薩摩藩の進攻に伴って「入浜式塩田」が伝えられ、サンゴ礁のかけらを使用した沖縄独自の塩田が発展。その後、専売制度が始まるまで、少なくとも沖縄本島では盛んに塩作りが行われてきました(離島での塩作りは苦戦しましたが、それはまた別途ご紹介します)。

現在では、本島・離島を含めてなんと約30もの製塩所が存在し、多種多様な製法が行われています。面積約2,300平方キロメートルの小さな島々で、これほど多くの製塩所が存在するのは世界的にも珍しく、また、塩の数はなんと100種類以上にも及んでおり「塩の名産地」と称しても過言ではない地域なのです。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト