マネー研究所

身近なマネー研究

仕事やめたい40歳 遺産1億円で人生逃げ切れる? ゴールから逆算する家計改善メソッド(3)

2018/2/28

確かに1億円(既に1000万円も目減りしていますが)という大金があれば、早期リタイアも夢物語ではありません。私もこれが50代半ばの方なら「早期リタイアしても問題ありませんよ」と背中を押すところですが、いかんせんEさんはまだ40歳。1億円を元手にリタイアするには若すぎるのです。

Eさんの家計状況を聞いてみると、月の支出は35万円ほど。つまり年間支出は420万円です。独身の気安さからか、全体的な支出も多め。都心住まいで住居費が高めなのは仕方ないところもありますが、趣味娯楽費が突出しているのが気になります。

月に6万4000円ものお金を費やす趣味とは何なのか聞いてみたところ、「ゲームです」とうれしそうに答えるEさん。「毎月、新作のゲームソフトを買ったり、スマホゲームの課金につぎ込んだり……。課金だけで月に1万~2万円は使ってますね。あと、ゲーム仲間と集まって遊んだりする『オフ会』にもお金がかかります」と話します。なるほど、Eさんの生活が見えてきた気がしました。

図1 Eさんの家計状況。趣味のゲームにお金をつぎ込んでいる(支出の平均額は、収入が同程度の家計の平均。総務省の家計調査を基にMILIZEが算出)

次にEさんに、仕事をやめた後にどんな生活を送りたいかを聞いてみました。「ゲームに費やすお金は絶っっっ対に減らせません。むしろ増やしたいくらいです!」と力説します。そのほかの生活費については、多少なら削ってもいいが、今の生活をあまり変えたくないとのこと。そこで、趣味娯楽費はそのまま、住居も現在の賃貸マンションに住み続けるとして、そのほかの支出(基本生活費)を65歳までは8割、それ以降は7割に減らしてシミュレートしてみました。物価の上昇なども考慮すると、年間支出は390万~410万円ほど、月に31万~33万円ほどで暮らしていくことになります。遺産の1億円については、ひとまず資産運用はしないものとして、その運用益もシミュレーションから外しました。

Eさんが老境に入ってもゲームを続けているのか疑問もありますが、まずはこの条件で試算してみます。結果、65歳時点での金融資産残高は約149万円で、66歳から赤字に転落します。65歳からは年金として年間99万5000円の収入も発生しますが、支出をカバーするには到底至りません。といいますか、9500万円を想定支出の約400万円で割れば23.8年ですから、詳細なシミュレーションを出す以前に資金不足は一目瞭然でした。

図2 Eさんが41歳で早期退職した場合の生涯資産シミュレーション結果。66歳で赤字に転落する

この結果を伝えると、「そうですか……やっぱり無理か」と肩を落とすEさん。ただ、どこか腑(ふ)に落ちない顔をしています。聞いてみると、「思ったよりも、受け取れる年金が少ないように思いまして」と言います。なるほど、ここに誤解があったのか、と私は気づきました。どうやらEさん、早期リタイアすると受け取る年金が減ることに思いが至っていなかったようなのです。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL