7人乗りSUV「CX-8」は売れて当然? 驚きのコスパ

日経トレンディネット

3列シートで最大7人乗りの新型SUV「CX-8」。メーカーの予想を大きく上回る人気になっている
3列シートで最大7人乗りの新型SUV「CX-8」。メーカーの予想を大きく上回る人気になっている
日経トレンディネット

9月の予約開始から2018年1月15日までに1万2042台の受注があったというマツダの新作SUV「CX-8」。月間販売目標の実に10倍という人気の高さだが、小沢コージ氏は「売れて当たり前」という。その理由とは?

◇  ◇  ◇

メーカーも人気を予想できなかった?

久々に乗るなり「こりゃ売れそう!」と感じるというか、カユいところに手が届くようなクルマが出ちゃいました。そう、マツダの新作SUV「CX-8」。

2017年12月にデビューして1カ月で受注1万2000台。 月間販売目標はわずか1200台ですから実に10倍。そもそもマツダがこの人気を予想してなかったことがうかがえますが、1万台超えは想定外とはいえ、小沢に言わせりゃ売れて当たり前の出来ではあります。

というのもこの手は今のファミリー層に一番求められていたクルマですから。ミニバン代わりになるスタイリッシュなプレミアム7人乗りSUV=プレミアムミニバンという意味でね。

ご存じ日本の乗用車マーケットはコンパクトハイブリッドカーが一番売れていますが、「ウラ番長」は5ナンバーの箱型ミニバン。具体的にトヨタの「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を足すと大抵は月販1万5000台超え、つまり登録車台数でナンバーワンになります。

ミニバンは7~8人乗れて確かに便利ですが、正直カッコいいとは言い難く、運転が楽しいとも言い難い。そこを突破できるのがCX-8のような7人乗り流麗SUVなのです。

輸入車の半額以下という驚きのコスパ

「え? そういうの、すでにほかにもあるじゃん」 と思ったアナタ、ライバルの価格、知ってます? 既存の3列7人乗りSUVはほとんど輸入車で、ボルボ「XC90」が779万円、アウディ「Q7」が812万円スタートで、メルセデス・ベンツ「GLS」は1000万円超え。サイズもほぼ全長5m前後で、正直、日本のパパが普通に買えるクルマとは言い難い。

ところが聞いてビックリCX-8。一部ハイテクデバイスなしとはいえ、十分装備のベーシックグレードが320万円弱で、本革仕様のトップグレードが420万円弱。輸入車の半額以下です。なによりミニバンで売れているヴォクシーハイブリッドにプラス約20万円で買える。

それでいて輸入SUVに比べてクオリティーが低いかというと全くそんなことはない。いまどきこれほど分かりやすく魅力的でお買い得なクルマもなく、需要もタップリ。バカ売れも当然ってわけです。

税込み価格が319万6800~419万400円というライバルに比べて半額以下の価格設定も「CX-8」が注目される理由だろう

一見CX-5のストレッチ版だが中身はCX-9

さてバカ売れCX-8。一見、見た目は2017年デビューの「CX-5」のストレッチ版で、フロントマスクからフロントドアまでの造形は全く同じ。全長×全幅×全高が4900×1840×1730mmのボディーサイズも、CX-5をベースに全長を355mm伸ばしたと考えていい。

MONO TRENDY連載記事一覧