中性脂肪減らす食事 「オサカナスキヤネ」をとろう

日経Gooday

中性脂肪を下げるには、酒のおつまみや日ごろの食事をどうすればいいのだろうか。写真はイメージ=(c)belchonock-123rf
中性脂肪を下げるには、酒のおつまみや日ごろの食事をどうすればいいのだろうか。写真はイメージ=(c)belchonock-123rf
日経Gooday(グッデイ)

飲み過ぎの左党の多くが気にする「中性脂肪」。一般に、飲酒によって中性脂肪が上がるといわれているが、適量までなら中性脂肪は上がらず、むしろ、気をつけるべきなのは「おつまみ」だという。では、どんなものを減らし、どんなものを積極的に食べればいいのか。酒ジャーナリストの葉石かおりが栗原クリニック東京・日本橋の院長・栗原毅さんに聞いたところ、積極的に摂取したい食材として「オサカナスキヤネ」というキーワードが浮上した。一体何だろう?

◇  ◇  ◇

「今年こそは食生活の見直しを!」と心に誓いながらも、できていない人は多いだろう。左党の皆さんはどうだろうか?

さて、前回「中性脂肪の元凶 実は『酒』より『おつまみ』だった?」では、飲酒と中性脂肪の関係について栗原さんに解説していただいた。中性脂肪が過多になると、動脈硬化を進行させるのはもちろん、善玉であるHDLコレステロールを減らしたり、悪玉であるLDLコレステロールを小型化させ、超悪玉コレステロールを生むといった悪影響がある。

そして、一般に飲酒によって中性脂肪が上がるといわれているが、適量までなら中性脂肪は上がらない(もちろん飲み過ぎはダメ)という研究結果があることをお伝えした。さらに飲酒には、善玉のHDLコレステロールを上げるといううれしい効果もある。

適量までとはいえ、ある程度飲んでも中性脂肪が上がらないというのは、左党にとってうれしい話だ。では、酒飲みに中性脂肪が高い人が多いように思えるのはなぜか。それは「おつまみを食べ過ぎていることが原因」だと栗原さんは言い切る。

そこで今回は、中性脂肪を下げるためには、お酒のおつまみ、そして日々の食事をどうすればいいかについて、栗原さんに聞いていく。

脂っこいおつまみを控えればOK?

まず栗原さんに、おつまみがなぜ中性脂肪を増やすのかを聞いてみた。脂肪というと、脂っこいものが悪そうに思えるが、やはり脂っこいおつまみが問題なのだろうか。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント