グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の豆知識

ギョーザ、止まらぬ進化 多様化するたれ、中国仕様も

2018/2/14

山椒香る紅油水餃

以前はあまり変化のなかった「たれ」も、自由に羽ばたいている。ココナツが入ったもの、サンショウでビリビリしびれるもの、サラサラと水のようなあっさりタイプ、それぞれギョーザを引き立てる。コショウを振った酢だけで食べるスズキさんも珍しくはないし、そもそもしっかり味つけしてあるからたれ不要のギョーザもある。

本場とはまったく違うものの、日式焼きギョーザから謎の発展を遂げた変化球ギョーザも面白い。ふっくらキツネ色がすばらしいホワイトギョーザや、パリパリと軽いひとくちギョーザなどは、近くを通りかかればつい買うか食べるかせずにはいられない。

いったい誰が手羽先にギョーザの中身を詰めようなどと思ったのか?

おでんなのにギョーザが味わえる、練り物のギョーザ巻きもすごいアイデアだ。そうだ! 手羽先ギョーザという手もあった。ああ私は、手羽先ギョーザには本当に目がないんだ。いったい誰が手羽先にギョーザの中身を詰めようなどと思ったのか。最高アンド最高オブ最高じゃないか。

東京とはひと味違う、全国各地の日式焼きギョーザもよく知られるようになった。私のお気に入りは、神戸の味噌だれで食べるギョーザだ。ギョーザに限らず、ご当地メシは現地で味わうのがモットーの私だが、あのギョーザだけは「近所に来てくれたらなあ」と無い物ねだりをせずにいられない。仕方なく味噌だれのみを取り寄せ、家でつけては「ナンカチガウ」と駄々をこねる日々である。

神戸の味噌だれで食べるギョーザ

最近、街には「何かの食べ物に特化した専門店」が増えているが、ギョーザとて例外ではない。うちの近所だけでも、ギョーザバルにギョーザ製作所、ギョーザ楼、ギョーザ本舗、持ち帰りギョーザ専門店と、片手では足りないほどのギョーザ専門店がある。

上記の神戸の店は「メニューはギョーザ、ビール、キュウリだけ」という、とてもストイックな店だったが、最近増えているのは味や調理法が違う何種類ものギョーザを選べ、いろいろな飲み物と合わせることができる、ゆるくて楽しいタイプが多い。どちらもアリだ。気分によって使い分ければいい。ギョーザならぬ「GYOZA」をシャンパンに合わせれば、心の中の女子が大喜びするだろう。

ふっくらキツネ色のホワイトギョーザ

昔ながらの街中華も、全国規模のチェーン店も安定しておいしいし、チルドや冷凍食品はグイグイ進化している。手作りするにも、今は本でもネットでもいいレシピがたくさんあふれている。市販の皮も最近はハッとするくらいおいしいものがあるし、フードプロセッサーやニーダーの普及により小麦粉から手作りするのも難しいことではなくなってきた。

今のニッポンでは、まずいギョーザに出合う方が難しいのかもしれない。うちもそろそろ義実家の風習を取り入れて「ギョーザ100個の家」になるべきだろうか。初老夫婦にはちと辛いけど。

(食ライター じろまるいずみ)


グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL