オリパラ

紙面から

フィギュア女子、宮原知子さんに聞く10のこと 試合前「ウオーミングアップでいつも通りに」

2018/2/8 日本経済新聞 朝刊

全日本選手権・女子フリーで演技する宮原知子さん

フィギュアスケート女子の宮原知子さん(19)に尊敬する人や印象に残るスポーツの場面を聞いてみました。

1 尊敬する人は?

カロリナ・コストナー選手(イタリア)。滑りが素晴らしく、常にトップに立ち続けていて、演技で感動させられるから。

2 食べ物の好き嫌いを教えて

好きなのはパイナップルとチーズ。牛乳、バナナ、メロンは苦手です。

3 生まれ変わったら……。

なんでもできる人になりたいです!

NHK杯・女子SPの宮原知子さん
4 料理好きと聞く。最近のヒット料理は?

お餅を豚肉で巻いて、甘辛いタレで味付けした料理はおいしくできて、家族にも好評でした。

5 一番、印象に残るスポーツの場面は?

スケートでは2016年四大陸選手権で、金博洋選手(中国)の素晴らしい演技の直後に滑ったパトリック・チャン選手(カナダ)が、会場の雰囲気を一瞬にして自分の世界にした時。他競技はあまり見ないですが、リオデジャネイロ五輪の男子400メートルリレーのチームワークと勢いに感動。

6 地元・京都のお薦めスポットはどこでしょう。

買い物好きで四条河原町付近をよく散策。食べ物、服屋、雑貨屋……。いろいろな店があり歩くだけで楽しい。

7 性格を一言で言うと

シャイ。人見知りするので、誰とでも仲良くなれる人がうらやましくなります。特に学校での友達作りで痛感しています。

8 好きな映画や本は?

推理小説が好き。ジャンルに関係なく面白そうなものを読む。映画は「杉原千畝」「レ・ミゼラブル」と(今季のプログラムの)「SAYURI」。

9 強豪・ロシア女子選手と同じリンクで練習する時はどんな感じ?

彼女たちの勢い、迫力をとても感じる。絶対に失敗しない強さを感じるので刺激になります。

10 試合前に必ずすること。

ウオーミングアップをしていつも通りを心がける。音楽は聞きません。

延長戦 将来の夢は?

スポーツ医になることです。

宮原知子
京都出身。2015年世界選手権2位。全日本4連覇の日本女子フィギュアのエース。関大2年の19歳。

[日本経済新聞朝刊2018年2月8日付]

オリパラ 新着記事

ALL CHANNEL