本田翼 大好きなゲームがあるからいい仕事ができる

完成した作品はファンタジックなラブストーリーであると同時に、「女優」について考えさせる映画になっている。劇中の健司のように、観客は女優に憧れ、「もっと見たい、もっと知りたい」と思う。しかし女優には知られたくないことも、人知れぬ苦労もあり、夢を見続けさせなければいけないという使命もある。映画を見て本田さんが感じたことを聞いてみた。

「完成した映画を見ながら、女優は美しくあるべきだなと思いましたね。綾瀬さん演じるお姫様がキレイだったので、自分も努力しよう、と。

それから、SNSでプライベートを見せすぎちゃうのはどうなのかな、と思ったりしましたね。SNSにはファンの方との距離が近くなるという良さがありますけど、あんまりそれをしすぎると、夢を壊しちゃうのかな、と。

私は、モデルもやっていて、モデルとしての自分も見てもらいたいということで、SNSをやっています。でも、女優だけを仕事にしていたら、たぶんSNSはやってないです。

2つの仕事をしていると、どっちに軸を置くか、バランスがすごく難しい。今は、どちらに置くとも言えない感じ。どっちにも面白さがあって、どっちにも好きなので、両方続けていきたい、という気持ちです」

我慢するより好きなことを

女優とモデルの二足のわらじを履き、忙しい毎日を送る。そんななか、「発売日に必ず買いに行く」というのが、マンガだ。

「好きなマンガの新刊は、ちゃんと日付を調べて、その日に本屋さんに買いに行きます。一日でも早く読みたいから。それに私、本屋さんに行くのが好きなんです。ずらっと本が並んでいるから、歩きながら『こういうマンガが出てるんだ』と知ることができるし、ジャケ買いみたいなこともできる。書店員さんが書いた、オススメのポップを見るのも好きです。

マンガは、単行本だけでなく、ネットで読むこともあります。飛行機に乗るときなんかは、本を持っていくと荷物になるので、タブレットで探して読む。でもネットだと、本屋さんと違って、自分が興味のある情報しか入って来ないんですよね。

服も、欲しいものが決まっていたらネットで買いますけど、そうじゃないときは、やっぱりお店に行きます。

自分の興味の範囲を超えて、『こういうものもあるよ』と教えてもらえるのは、やっぱり店舗。そこでの運命的な出会いみたいなものを大事にしているのかもしれません」

買い物はネットより実際にお店に足を運ぶ。「運命的な出会いみたいなものを大事にしているのかも」

「では、ゲームソフトの買い方は?」と聞くと、「ネットで買っていますね。やりたいものが決まってるから」と笑う。かつてゲームをして遊ぶ時間について、「朝起きて、18時間とか」と答えてネットニュース化したこともある本田さん。どうやってその時間を作っているのか。

「それは……睡眠を削る、とか(笑)。もちろん睡眠不足は体に良くないので、バランスは取ります。でも、好きなことができない時間より、好きなことをしている時間のほうが、体には良い気がする(笑)。

私は、趣味を持つって、とっても大事なことだと思うんです。趣味がある人のほうが生き生きしてるし、実際、生きていて楽しいと思う。『今日、家に帰ったらあれが待っている』みたいなものがあると、仕事だって、よりがんばれると思うんですよ。

仕事をするために生きる瞬間もあるけど、楽しいことをするために仕事をする瞬間もある。映画のために働く時もあれば、ゲームのために働く時もある。それは悪いことじゃないと思います。うん、絶対に間違ってない!(笑)」

映画のように作品の登場人物にあこがれたことはありますかと聞いてみると「私は、映画の中の異性に憧れることはないです。虚構の世界は別、フィクションはフィクションという感じなので」という答えが返ってきた
本田翼
1992年生まれ、東京都出身。2004年にモデルデビューし、女優としても活躍。14年に主演映画「アオハライド」が興行収入19億円のヒットとなり、15年にはドラマ「恋仲」で月9ヒロインを務めた。主な出演映画に「江ノ島プリズム」(13年)、「起終着駅」(15年)、「少女」(16年)、「鋼の錬金術師」(17年)など。ドラマには「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(16年)、「奥様は、取り扱い注意」(17年)などがある。
(C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会 配給:ワーナー・ブラザース映画

「今夜、ロマンス劇場で」

撮影所で助監督として働く健司は、なじみの映画館で発見したモノクロ映画のお姫様に恋をしていた。ある日、そのお姫様が、スクリーンから飛び出してくる。2人はやがてひかれ合うが、姫は、ある秘密を抱えていた……。監督・武内英樹 脚本・宇山圭佑 主題歌:シェネル「奇跡」(ユニバーサル ミュージック) 出演・綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、中尾明慶、石橋杏奈、西岡徳馬、柄本明、加藤剛 2月10日(土)全国ロードショー

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)

注目記事
今こそ始める学び特集