オリパラ

紙面から

ANA特別塗装機 富士山描き東京五輪へフライハイ

2018/2/9 日本経済新聞 朝刊

2020年東京五輪・パラリンピックを記念し特別塗装された全日空機=1月28日午後、羽田空港

 全日空(ANA)は1月29日から東京五輪の特別塗装機「HELLO 2020 JET」を国内線で就航させた。機体のデザインは一般公募の786作品から神戸市の男子高校生、松本朝陽さんによるイラストが選ばれた。五輪・パラリンピックの競技種目のシルエットとともに、富士山や東京タワー、桜など日本を代表する建物や自然がカラフルに描かれている。

 機内のシートには東京大会のエンブレム「組市松紋」が描かれた専用ヘッドレストカバーを装着。客室乗務員もエンブレムがデザインされたエプロンを着用し、大会機運の盛り上げに一役買う。

 塗装機は405人乗り。羽田―福岡など主要路線を中心に大会終了まで運航される予定だ。

[日本経済新聞朝刊2018年2月8日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL