グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

今一番おいしいウニを世界から ウニづくしフルコース

2018/2/12

北海道を中心に世界各国で水揚げされるムラサキウニやバフンウニ、アカウニなど、シーズンでベストなのものを仕入れている

 2017年11月、前菜からメイン、デザートに至るまでウニを使った料理を提供する「UNIHOLIC(ウニホリック)」が東京・六本木にオープンした。「本格的なウニを存分に味わえる専門店でありながら、気軽にスタイリッシュに楽しめるアクセシブルなバル」をコンセプトにした、まったく新しいウニ料理専門店だ。

Summary
1.六本木駅から徒歩1分、メインからデザートまでウニづくしの専門店
2.国内外からベストシーズンのウニを仕入れる
3.女性客が7割、フォトジェニックな創作ウニ料理が魅力
店内はカジュアルな内装で、女性からの支持が多いという

 店はビルの11階にあり、六本木の都会的な景色が望める全34席。カジュアルな内装とウニという高級食材との独特なバランスを演出している。特に女性に人気が高く、女子会利用が多いという。

 料理の中心となるウニは、北海道を中心に世界各国で水揚げされるムラサキウニやバフンウニ、アカウニなど、シーズンでベストなのものを仕入れている。主に、北海道の根室や浜中、九州のほか、海外からはチリやカナダ、米国ボストンからも空輸される。とりわけ、ボストンのウニはとても甘くて、身の存在感も強いので、客の評判も上々なのだとか。

 これまでは、そのままでも十分満足度が高いとしてシンプルに生で提供することが多かったウニを、「ウニホリック」では調理法や食材の組み合わせにこだわり、ウニづくしのメニューをそろえている。前菜からデザートまでウニとはいえ、飽きのこないレシピで工夫している。

 その料理を体現する料理人として、「ウニホリック」は和食出身とフレンチ出身の2人を迎え、和洋合わせた創作ウニ料理を提案する。ウニの風味を壊さず、特別感を失わせず、それでいて斬新、独創的な組み合わせに注目だ。

前菜の「瞬間燻製したウニと本日の鮮魚のカルパッチョ」

 まずは、前菜の「瞬間燻製したウニと本日の鮮魚のカルパッチョ」。ドーム型の器の中に燻煙を充満させ、目の前で開かれると、まるで玉手箱のようにスモーキーな香りとともに、ぷりっと大ぶりなウニが現れる。粋な演出に酔いしれ、新鮮な素材を堪能しよう。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL