トレンド

脱革靴!スニーカーをビジネス向けに「カスタマイズ」 渋めの色・素材で「節度ある足元」に

MEN’S EX

2018/2/15

MEN'S EX

 ビジネスカジュアルの浸透にともなって、リラックスしたスタイルで働ける企業や部署が増えてきた。とはいえ、あまり砕けた装いではオフィスにふさわしくない場合もある。スニーカーも仕事場にふさわしいモノを選びたい。既製品で気に入ったデザインが見つからなければ、カスタマイズ・サービスを利用する手もある。黒やダークブラウンなど落ち着いた色に変えたり、スエードなどシックな素材を選べば、自分にぴったりの「ビジネス仕様」が手に入る。




スニーカーもカスタマイズで節度ある足元に

 今、スポーツ庁が「スニーカー通勤」を推奨している。靴も含めて、歩きやすい服装を推奨するキャンペーンの実施を発表した。鈴木大地長官も自らスニーカー姿を披露してピーアールに努めている。カジュアルな服で働く「ビジカジ」の流れがさらに加速しそうだ。

 ただ、いくらスニーカー通勤が許されているとはいっても、ビジネスである以上、ある程度、節度をわきまえた装いは当然だろう。そこでおすすめなのが、メーカーによる「カスタマイズサービス」だ。ニューバランスとアディダスが提供しているメニューを紹介しよう。

■ニューバランスのシューズカスタム「NB1」

 ニューバランスといえば、もともと矯正靴の製造メーカーとして誕生した歴史を持つ。米国製については、今もなお自社工場で熟練職人が手作業で、誰もが認める履きやすさに仕上げている。さらに、悪目立ちすることのない、その洗練された顔つきも必見。どんな装いにも馴染んでくれることから、人気セレクトショップの店頭には何種類も展示されているほど、お洒落アイテムとしても注目を集めているのだ。快適かつ汎用性も高いうえに、ダークカラーへのカスタマイズもできる。まさに、お仕事スニーカーの筆頭株と言えよう。

18ヶ所カスタムして世界に一足のオリジナルカラーが作れる

 ニューバランスのスニーカーはとにかくパーツ数が多く、それを細かくカスタマイズできる。「998」の場合、素材や色、ヴァンプ、ヒールなど、合計18ヶ所。オーダーした靴は、米国の自社工場で、ひとつひとつ職人の手によって作られている。つまり、生粋の「Made in U.S.A.」。納期は4~7週間程。モデルによって料金は異なるが、それ以外のアップチャージは一切かからない。
「998」オールスエードの場合、カスタマイズ価格3万3000円。

カスタム対応モデルはこの3足

 カスタムのベースに選べるのは、ニューバランスの中でもプレミアムな「Made in U.S.A.」コレクション。写真の「574」「990v3」「998」の3モデルから選べる。今回はビジネス用ということで、細身でシャープな「998」をベースにカスタマイズした。

ということで、NBのスニーカーをお仕事カスタマイズ!

スタッフとマンツーマンだから初心者でも安心
《自分だけの1足を注文するまで》

1. 自分の足のサイズや形を知ることから

もともと矯正靴の製造メーカーとして創業したニューバランス。適正サイズやアーチ高など、まず足の状態をチェックすることから。



2. 実際にサンプルを見ながらイメージを膨らませる

HPの画面上からでは仕上がりのイメージがしにくい。そんな時でもお店に行けば、実際のサンプルを見ながらオーダーすることが可能だ。



3. タッチパネルでパーツごとにカラーリングを選択

タッチパネル操作で、各パーツの色を自由に変えられる。あれこれ思案しながらのワクワクする楽しい時間は、カスタマイズならでは。



ニューバランス原宿
(住)東京都渋谷区神宮前4-32-16 TEL:03-3402-1906
(営)11時~20時 不定休
http://store.newbalance.co.jp/official-store/harajuku
Latest