WOMAN SMART

ヘルス

花粉対策、基本はステロイド点鼻薬 子供でもOK 今年こそ花粉に負けない春を 花粉症対策2018(中)

日経ヘルス

2018/2/26

花粉症対策はステロイド点鼻薬を使うのが基本だ(写真はイメージ=PIXTA)
日経ヘルス

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ……。つらい花粉症を制するには、先手を打つことが肝心。鼻にはまず点鼻薬をシュッ、そして目には点眼薬を。症状がひどくなる前から始めるのが鉄則だ。花粉症対策の最新情報を3回に分けてお伝えする。2回目は花粉症の症状を抑える薬の使い方について見ていこう。

◇  ◇  ◇

 くしゃみ、鼻水、鼻づまりを効果的に抑えるには、3段構えで薬を使うのがお薦めだ。

 基本は、鼻に直接噴霧するステロイド点鼻薬。アレルギー反応による鼻粘膜の炎症を強力に抑える。これを花粉が本格的に飛ぶ前、あるいは症状がごく軽いうちから花粉シーズンが終わるまで毎日使う。「飛散量が少なかったり、症状が軽かったりする日も毎日続けるのが重要」と、こすぎ耳鼻咽喉科クリニックの金井憲一院長は話す。

ベースは毎日続けるステロイド点鼻薬。それで症状が抑えられないときは抗ヒスタミン薬ののみ薬、それでもつらいなら漢方の小青竜湯を加える3段構えで対処しよう

 現在よく処方されているのは「アラミスト(一般名:フルチカゾン)」、「ナゾネックス(同:モメタゾン)」「エリザス(同:デキサメタゾン)」などで、1日1回の点鼻ですむ。ステロイドというと副作用が気になるが、「現在主流のものは局所だけに作用し、全身への影響がほとんどない。子どもにも長期間使える」(金井院長)。

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL