ナショジオ

スペシャル

ノアの箱舟、契約の箱… 旧約聖書、謎の現場を探る 科学で迫る世界のミステリー

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/2/11

ナショナルジオグラフィック日本版

 世界には、まだわかっていないことが山ほどある。ピラミッドの建造方法、古代都市テオティワカンを建てた人々の正体、黄金郷エルドラドの場所……。そんな何世紀もの間、人々を困惑させ、話題をさらってきた「世界の謎」を紹介している書籍が、ナショナル ジオグラフィックの別冊『今の科学でここまでわかった 世界の謎99』だ。ここではその中から、「旧約聖書」にまつわる3つの謎を紹介しよう。

アララト山に着いたノアの箱舟(Simone de Myle、1570年)

■ノアの箱舟はトルコのアララト山に眠る?

 旧約聖書の中でもとりわけ有名なのは「ノアの箱舟」の物語だろう。『創世記』によれば、ノアは神に命じられて、木で箱舟を造り、世界中の動物のつがいを一組ずつ乗せて大洪水から守った。地球は大洪水に見舞われたが、「150日後には水が引き始め、7カ月が過ぎた月の17日に、箱舟はアララト山に流れ着いた」のだという。

 約2000年もの間、探検家たちは箱舟やその残骸の探索に執心してきた。創世記では、「アララトの山々」は古代アルメニアの地域にあると記されている。現在のトルコのアララトという火山が箱舟の終着点だという説が一番有力だが、イランかイラクだとする説もある。宇宙飛行士のジェームズ・アーウィンもアララト山に赴いた探検家の一人だ。1980年代に2度の遠征をしたが箱舟は発見できなかった。2010年には香港のチームがトルコのアララト山の頂近くで4800年前の木製の物体を見つけたと主張したが、それがノアの箱舟だと証明することはできなかった。

イランとトルコの国境にあるアララト山。2つの峰が朝日に輝く(Alexander Ishchenko/Shutterstock)

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL