WOMAN SMART

マネー

iDeCoを今すぐ始めるべき? 目安は「貯蓄500万円」

日経ウーマンオンライン

2018/2/6

iDecoを始める前に、まずは生活費の3~6カ月分を貯金しよう (イラスト:田中小百合)
日経ウーマンオンライン

 老後資金を準備する方法は、貯金だけではありません。老後資金として「個人型確定拠出年金」(通称、iDeCo)が最近話題ですが、どんなタイミングで、どのくらいの金額を掛けたらいいのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんにお聞きしました。

■iDeCoを検討する前に知っておきたいこと

――老後の資金づくりには、iDeCo(個人型確定拠出年金)がおすすめという話をよく聞きますが、誰にでもおすすめなのでしょうか。

 老後資金づくりの選択肢として検討してほしいiDeCoですが、「誰にでもおすすめ」というわけではないんです。iDeCoを始める前に、いくつか検討してほしいことがあります。

 まず、老後資金をつくる方法は、iDeCoだけではありません。貯蓄もありますし、退職金や企業年金もありますよね。金融商品なら、「NISA(少額投資非課税制度)」や2018年から始まった「つみたてNISA」を活用することもできますし、個人年金保険に入っている人もいると思います。

 他にも、例えば持ち家を人に貸すことで賃料を得て、実家に戻って住むことができれば、賃料を老後資金の一部に充てることもできます。老後資金のつくり方には、さまざまな選択肢があるんです。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL