億万投資家が対談 株は全力投球で、最初は集中投資も億万投資家が語る大化け株の攻略法(下)

日経マネー

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経マネー

特定の業種の小型成長株に集中投資するアタッカー。時に業績回復株で大勝負に打って出る策略家。投資法の異なる億万投資家の2人に大化け株発掘のノウハウを語り合ってもらった。2回に分けて紹介する(前回記事「『これが10倍株の条件か…』 億万投資家の熱き対談」はこちら)。

◇  ◇  ◇

──大化け株に投資する醍醐味はどこにありますか。

槙谷さん(以下、槙) それはやはり資産が急激に増えることでしょう。私は100万円を元手に株式投資を始めたので、最初は分散投資をしたくてもできなかったんです。分散投資ができないということは、非常にリスクの大きい投資になります。でも、2つの銘柄を買って、片方が10倍になれば、もう片方が仮にゼロになったとしても、資産は5倍に増える。やはりどこかで大化け株をつかまないと、資産を大きく増やすことはできないと思いますね。

たーちゃんさん(以下、た) 僕も同意見ですね。分散投資が大事だといわれますが、運用資産が少ないうちに分散投資をするのは大きな誤りです。分散は資産が5000万円を超えたぐらいからすべきで、1000万円以下の時には、「これだ」と思った1銘柄に資金を全て振り向けるべきです。実際、僕はオーストラリアの金鉱株に全ての資金を投じました。そして5年間は何もせず、果報を寝て待つつもりでいた。結果は3年ぐらいで10倍になりました。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
大化け株の発掘法も異なる
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし