iPhone XとGalaxy Note8 津田大介の評価は?

家電量販店の有料サービスを使ってフィルムを貼り付けてもらったのだが、有機ELの曲面ディスプレーの関係だろうか。実際、フィルムをはがすとスムーズに操作できた。そこで今回はフィルムを諦めてケースを使うことにした。iPhone Xも今回はケースに入れている。

Galaxy Note8のケース(上)は、耐衝撃性の高いプリンストン社のUAGを使用

僕と同じように反応が鈍いと感じている人は、フィルムが原因かもしれないので、一度はがして試してみるといいだろう。

顔認証は便利だが課題も

iPhone Xでは、指紋認証の代わりに顔認証機能が搭載されたが、特にストレスなく使えている。ただ、Xに変えた女性に話を聞くと、普段マスクをしているので認証のたびに外さなくてはいけないのが不便だと話していた。これから花粉症の季節にマスクが手放せない人も少し面倒に感じるだろう。ちなみにGalaxy Note8は虹彩認証が使えるので、マスクをしたままでもロックを解除できる。

また、iPhone Xを購入してから気が付いたのが、バッテリー表示の残り%がステータスバーに表示されなくなったことだ。コントロールセンターを開けば確認できるが、バッテリーアイコンの中に表示させるなど、ひと工夫してほしかった。

画面のきれいさはiPhone

2台を同時に使っていると、互いの優劣がわかりやすい。僕が気になったポイントを紹介しよう。

画面はiPhoneのほうがきれいだ。当初、iPhone Xには気になる目新しい機能がなく、正直そこまで期待していなかったが、実際に触ってみると画面の美しさに感心した。iPhoneシリーズでは、Xからようやく有機ELが搭載されたが、同じく有機ELを採用しているGalaxy Note8よりもきれいに見える。

画面はiPhone Xのほうがきれいだ。前モデルの7と比較しても大幅に進化している

画面は必要な情報が見られれば十分という人もいるかもしれないが、きれいな画面だと見ていてとにかく気持ちがいい。もちろん旧機種のiPhone 7 Plusよりも快適に使えている。

動作もiPhone Xのほうが快適だ。同じアプリを使ってみると、iPhoneの方がサクサク動くように感じる。特にゲームは違いがわかりやすい。Galaxy Note8も決して遅いわけではないが、比較してみると差を実感する。

「インスタ映え」にはGalaxy Note8

カメラは2機種で同じものを撮り比べてみると、Galaxy Note8のほうが、見た目よりも色が派手でパキッと撮れる。画質もXよりきれいなので、いわゆる「インスタ映え」を狙いたい人にはおすすめだ。

防水性能はGalaxy Note8(IP68)のほうが、iPhone X(IP67)より高い。僕は風呂で読書をする場合は、必ずGalaxy Note8を使っている。アウトドアなどで外に持ち出して、うっかりぬらしてしまう心配がある人も安心だろう。

トータルでは2台とも完成度が高く、僕はおおむね気に入っている。これから機種変更をする人はどちらを買っても満足できるはず。自分の利用シーンを考えて選ぶといいだろう。迷っている人に僕の体験が参考になればうれしい。

津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。「ポリタス」編集長。1973年東京都生まれ。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。主な著書に「ウェブで政治を動かす!」(朝日新書)、「動員の革命」(中公新書ラクレ)、「情報の呼吸法」(朝日出版社)、「Twitter社会論」(洋泉社新書)、「未来型サバイバル音楽論」(中公新書ラクレ)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

(編集協力 藤原龍矢=アバンギャルド、写真 渡辺慎一郎)

注目記事
今こそ始める学び特集