「保険の枠、ITで破壊」 SOMPO社長が語る将来SOMPOホールディングスの桜田謙悟社長(下)

「そのトロブが日本を含めて世界展開をすると聞き、我々はすぐに出資を決めました。破壊者が何を考えているかを知ると同時に、場合によっては彼らとともに破壊的イノベーションを起こしていく。彼らのようなテクノロジースタートアップは、業界なんて関係ありません。銀行業だとか保険業だとか法律で定めているような『業』単位の発想では太刀打ちできません」

デジタル人材、「ブートキャンプ」で育成

桜田氏は「デジタル人材の確保が重要」と強調する

――「保険業」にとらわれない発想ができる人材が必要ですね。

「柔軟な発想のためには、働く人の性別や国籍、価値観の多様化を進めること、さらに事業とデータサイエンスの両方がわかるデジタル人材の確保が重要です。そこで昨年からは、実戦的なデータサイエンティストを3カ月で養成する『ブートキャンプ』(教育訓練プログラム)を始めました。当社とデジタルハリウッド傘下のプログラミングスクールが共同で、すでに2回実施しました。毎回30人の枠に倍近い応募がありますが、当グループの社員のほか、IT系企業、総合電機メーカー、政府系機関、ゼネコン、商社、薬剤師など幅広いバックグラウンドを持つ方が集まっています」

「彼らは集中講義を受けるほか、我々が持つビッグデータを利用して実戦的な演習をします。当社には交通事故や自動車走行に関するものから、介護や健康に関するものまで膨大なビッグデータがあるので、それを生かさない手はありません。ブートキャンプの卒業時には、新規ビジネスのプレゼンをしてもらい、いいものは社内で事業化を目指します。さらに成績優秀者は当グループでデータサイエンティストとして登用する道も開いています」

「データサイエンティストは世界中で不足しており、通常の採用プロセスだけで優秀な人材を獲得するのは難しい。ですからポテンシャルを持つ人材を多様な業界から集めて、スキルアップしてもらい、採用につなげたい。あらゆる手段を使ってデジタル戦略を進め、外からの『破壊者』に負けない抵抗力をつけていくつもりです」

桜田謙悟
1956年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒。78年安田火災海上保険(現損害保険ジャパン日本興亜)入社。アジア開発銀行出向、経営企画部長などを経て2010年損保ジャパン社長。12年、NKSJホールディングス(現SOMPOホールディングス)社長

(ライター 石臥薫子)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら