腰痛の原因は「利き尻」 痛くならない座り方、立ち方

日経ヘルス

2018/1/30

「軽く両手の甲でお尻の中央をさすり上げながら、立ち上がるといい。手で骨盤を後ろから軽く押すため、骨盤の傾きが正しくなる。さらに、手を後ろに回すから、肩甲骨の間が寄って猫背をリセット。そのため、腰が立って胸が開いた美しい立ち姿勢になる」と木津さんは話す。

さらに、手の甲をお尻に当てたままの姿勢で歩くと、リセット効果がさらに高まるという。また、座ったまま、さすり上げてもリセット効果はある。やりやすい方法を、習慣にしよう。

(左)デスクワークを続けていると、猫背で骨盤が後傾している状態で膠着。このまま立ち上がると腰に負担も。(右)硬くなった胸筋、使えていない広背筋、硬くなった腸腰筋にアプローチすると姿勢が正せ、立ち上がりやすくなる
両手の甲でお尻をさすり上げるように立つだけで、骨盤が立ち、姿勢も良くなる
(左)両手の甲をお尻に当てる。肩甲骨の間は寄せる。(右)両手の甲をすっと腰までさすり上げる。肩甲骨の間は寄せたまま
伊藤和磨さん
「恵比寿・腰痛改善スタジオMaro's」代表。パーソナル・トレーナー。プロサッカー選手として活躍後、腰痛のため引退。姿勢や呼吸、体の使い方を見直して、腰痛を根本から改善する指導を行う。著書多数。
木津直昭さん
KIZUカイロプラクティック グループ代表院長(東京都中央区)。「スマホ症候群」を提唱し、ストレートネック研究も行う。雑誌、テレビなどメディアにも多数出演。「行動姿勢研究会」を設立し、企業向けに座り方セミナーなどを開催。著書に『究極の座り方』(文響社)など多数。

(小道具協力:My house RENTAL)

(日経ヘルス 羽田光、写真 鈴木宏、モデル 津山祐子、ヘア&メイク 依田陽子、スタイリング 椎野糸子、イラスト 三弓素青)

[日経ヘルス 2018年1月号の記事を再構成]

注目記事