トラベル

九州 味めぐり

牛肉やアマダイ おいしい瞬間のがさぬ技で 和食「あらた」

日本経済新聞西部夕刊

2018/1/25

 カウンター席は1日2組のみ、完全予約制のお店「和食あらた」。長年お店を続けていく中で店主の佐藤康志さんは、タイミングよく、美味(おい)しい瞬間に料理を提供できるスタイルでやりたかったと語る。

 メニューはおまかせコースのみ(要予約、1万2000円、税別)。デザートまでいれて13~14品だが、お酒が好きな人も肴(あて)として楽しむことができるくらいのボリュームだ。「いろいろなものを食べたいですよね」と、佐藤さんはお客の幅広いニーズに応えて料理をつくっている。天ぷら、握りに刺し身と美味しいものを品数豊富に楽しめるのが嬉(うれ)しい。和食のお店ながら鉄板焼きもあり、鹿児島産牛のサーロイン(A5ランク)がコースに必ず盛り込まれている。

イラスト・広野司

 九州なので、と魚にもこだわりがあり、刺し身や焼き、揚げるなど調理法も富んでいる。例えば甘鯛(あまだい)と湯葉のあんかけは、和風だしの濃い口べっ甲あんが、湯葉のまろやかさと相まってなめらか。たけのこも、焼きや煮物、刺し身などに姿を変えて、いただける。

 食を楽しんでもらえる人に来てほしい、と限られた席に座るお客一人ひとりに、丁寧に向き合う。会話が弾んでいても、美味しい瞬間を逃さず、料理を提供する工夫と機知に富んだお店である。(千葉 いずみ)

 〈わしょくあらた〉福岡市博多区古門戸町2の18下村ビル1階 電話092・262・0703

食べ歩きが大好きな地元在住のライターや日経記者が見つけた九州・沖縄のとっておきの味を紹介します。

【関連キーワード】

九州味めぐり佐藤康志和食

トラベル新着記事

ALL CHANNEL