ブラシを選んで靴を美しく磨く 自宅で楽に仕上げる術靴磨きの達人に学ぶ

MEN’S EX

2018/1/30

■手を汚さず時短もできるペネトレィトブラシ

《特徴のハナシ》少量のクリームを靴全体に伸ばせる

クリームは通常、手に布を巻いて行うが、これだと指が汚れてしまう。だが、このブラシなら汚れず、クリームを靴全体に馴染ませることが可能。それゆえ靴の色に合わせて20本くらい持っているなんて人もいるとか。隠れたヒット商品だ。
400円/R&D(R&D)

《使い方のハナシ》

米粒2~3粒分

ブラシでクリームを取って

毛先にクリームを米粒2~3粒程度取る。この量で、靴全体に塗ることができる。しかもしっかりと伸ばせるので、初心者にも使いやすい。



ブラッシング

クリームをつけたら、あとは靴全体にブラッシングするだけ。手も汚れることなく、隅々まで伸ばすことが可能。小さなブラシがスマートな靴磨きをサポート。


ブラシだから細かい部分も楽

ペネトレイトの魅力は、細かい部分も簡単に作業できるところ。指だとコバや穴飾りへのクリームの塗り込みは慣れないとうまくできないが、こちらなら心配無用。細部まで美しく仕上げられる。

左:コバも 右:穴飾り

■靴の見栄えはコバからコバブラシ

《特徴のハナシ》キレイにすると同時に補強にも◎

靴のコバ部分はその構造上細かくそして硬いため、クリームを浸透させるのが難しい場所。小さめのブラシ面と力を入れやすい肢がついた作りのブラシなら、そんなコバにもしっかりとブラッシングができる。
50円/コロンブス(コロンブス商品相談室)


《使い方のハナシ》

コバのクリーム塗りが格段に早くなる

コバの作業は豚毛ブラシでもできるが、上記の通り慣れないと時間が掛かる。だがコバブラシなら狙った場所のブラッシングを素早くできる。ちなみにクリームは米粒2~3粒分が適量。

上:米粒2~3粒分のクリームを取って 下:コバに塗る

コバのクリーム塗りが格段に早くなる

コバの作業は豚毛ブラシでもできるが、上記の通り慣れないと時間が掛かる。だがコバブラシなら狙った場所のブラッシングを素早くできる。ちなみにクリームは米粒2~3粒分が適量。

ちなみに、汚れの除去もできる

エッジのついた持ち手は、ソールやヒール部分に付着した頑固な汚れを落とせるようになっている。地味かもしれないが“使える”作りだ。



■光沢出しに効果大山羊毛ブラシ

《特徴のハナシ》サッと磨くだけでツヤが生まれる

山羊毛の特徴は柔らかさと毛自体の細さから来るキメの細かさ。そのため、鏡面仕上げの際の光沢出しが、布を使うよりも効果的にお手軽にできるのだ。また革を傷つける心配も少ないので爬虫類革などのお手入れにもお薦め。
3000円/R&D(R&D)


《使い方のハナシ》

左から:水をつけて、山羊毛で、光沢がでる

エナメルシューズも

革の上に樹脂塗料を施したエナメル革の靴は、革への栄養分が不要。なので、ブラッシングだけでOK。これだけで曇りが払拭できる。



鏡面仕上げの下準備に

靴に水1~2滴つけ、それをブラシで伸ばしながら磨く。この工程を2~3回繰り返すだけで、写真のような光沢感が生まれる。光らない場合は水のつけすぎ。摩擦で銀面を傷つける可能性もあるので注意。

光沢出しならグローブも

裏面にボア、表面にスエードを用いたグローブ。まずはボア部分で全体をカラ拭き。その後、スエード部分で磨くと、簡単にツヤを出すことができ、忙しい朝もこれがあれば安心だ。2500円/R&D(R&D)

※表示価格は税抜きです。

撮影/平井敬治、宇田川 淳、植野 淳、村上 健、岡田ナツ子、武蔵俊介、久保田彩子 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/勝間亮平(MASCULIN) 構成・文/POW-DER 文/竹石安宏、吉田 巌(十万馬力)、山田純貴、安岡将文、間中美希子、秦 大輔 撮影協力/モルテーニ東京

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年2月号の記事を再構成]

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash