でも、ボクシングのルールもよく理解しないままやっていたので、最初の大会でいきなり相手をヘッドロックして反則負け。その後も時々しか練習はしなかったので、試合はめちゃめちゃで、あまり勝てませんでした。強かったのは相撲のほう。相撲部は私が入学した時に部員が2人しかおらず、つぶれる寸前でした。ボクシングで減量をしていたので、体重的には相撲部向きではなかったのですが、3年生の主将に足腰の良さを評価されて、スカウトされました。

茨城は昔から相撲が盛んです。大相撲にも現横綱の稀勢の里や、元大関武双山、元関脇水戸泉など、茨城出身の著名力士が大勢います。でも、相撲部のある高校は案外少なく、練習しなくても、体力とちょっとした素質があれば県大会で勝つのはそれほど難しいことではありませんでした。実際、大会の時は、頭数をそろえるためにラグビー部やボクシング部などから体力のありそうな生徒をかき集めて出場しましたが、意外と勝ち進みました。

私も、まわしを締める練習ぐらいはしましたが、相撲の稽古はゼロ。それでも県大会で勝ち上がり、個人戦で関東大会に出場しました。関東大会では初戦で横綱や大関を輩出している強豪校の選手と当たり、初めてつっぱりを経験して、あっさり土俵を割ってしまいましたが、本気のつっぱりを味わえたことは貴重な経験となりました。今でもお酒を飲んだ後、相撲をとることがありますが、負け知らずです。

思えば、昔から人のやらないことをやるのが好きな性格でした。水戸一高でボクシングや相撲を始めたのも、その性格が影響していると思います。大人になってからも変わらず、だからこそ、それまで誰もやっていなかったC to C(個人間取引)の海外ファッションの通販サイトで起業してみようと思ったのでしょう。

(ライター 猪瀬聖)

「リーダーの母校」の記事一覧はこちら

マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら