無期停学のピンチも エニグモ社長の水戸一高時代須田将啓・エニグモ社長が語る(上)

須田将啓・エニグモ社長
須田将啓・エニグモ社長

海外ファッション通販サイト最大手の「BUYMA(バイマ)」を運営するエニグモの須田将啓社長(43)は、茨城県トップの進学校、県立水戸第一高校(水戸一高、水戸市)の出身だ。エニグモには「やんちゃであれ!」という一風変わった社訓があるが、水戸一高時代の須田氏は、やんちゃそのものだった。

高校は水戸一高と私立桐蔭学園(横浜市)の理数科に合格し、地元の水戸一高を選んだ。

桐蔭の理数科を受験したのは、通っていた塾の先生に勧められたからです。当時の桐蔭の理数科は東京大学への進学率が非常に高く、偏差値もハイレベル。それでも塾の先生は、私の成績なら合格間違いなしと太鼓判を押してくれました。

せっかく合格したので桐蔭に行くつもりでいました。ところが親は、地元の方が安心だと思ったため、私を翻意させようと、毎月の小遣いの大幅値上げを持ち掛けました。結局、親の現ナマ作戦にまんまとやられ、水戸一高に進学することに決めました。

結果的に、水戸一高に進学してとてもよかったと思っています。何といっても、水戸一高は何もかもが自由でした。校則は全然うるさくありませんし、服装も完全に自由。軍服でサーベルを下げて学校に来る、ちょっと変わった生徒もいましたが、先生は何も言いませんでした。大学以上に自由な雰囲気でした。

私もそんな自由を思う存分謳歌(おうか)しました。一応、水戸一高に入ってからも勉強は普通にしており、成績もよい方でした。けっして不良や落ちこぼれだったわけではありません。しかし、勉強の思い出よりも、自由を思う存分楽しんだ思い出の方がはるかにたくさんあります。

放課後、よく友達とパチンコ店に行ったり、友達の家の倉庫を改造したバーで、みんなで酒を飲んだりしていました。夜中に自転車をこいで海に行き、浜辺で焚火をして日の出を見て朝帰りするという遊びもよくやっていました。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら