グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

World Food Watch

駐在員と巡った台湾の味 小鉢で一献、突き出し感覚で 現地駐在員と行く台北庶民派グルメ旅(上)

2018/1/23

 成田・羽田からわずか4時間、手ごろな旅行先として人気が高い台湾。格安航空会社(LCC)を使えば、国内旅行と変わらない予算で海外旅行が楽しめる。気候も穏やかで治安もいいとあっては、安くてうまい庶民派グルメを求める旅にはうってつけだ。何より魚介の豊富な島国でもあり、日本人の舌に合う料理が多い。そこで、台北庶民派グルメ旅にぴったりのおすすめ店を、現地に駐在する水ノ江秀子さんに案内してもらった。

■小鉢のうまさに主役忘れる 杭州小龍湯包

 台北に着いてまず訪れたのは、台北最大の観光スポット・中正紀念堂のすぐ近くにあるショーロンポーの人気店「杭州小籠湯包」。店頭にはせいろが山積みされ、ちょうどお昼時だったこともあり、席が空くのを待つ行列ができていた。

冷蔵ケースに並んだ湯葉の煮物(左)とキクラゲ

 一品料理を注文するほかに、店内中央にはショーケースがあり、前菜などを好みで自席に運んで食べる。まずはこの小鉢が、我々日本人の舌をとらえた。

 ピータンは日本でもおなじみだが、卵の上には、シャキシャキ感のある根菜だろうか、漬物がのっていた。白身のぷりぷりと黄身の軟らかさ、そこにしゃきしゃきの歯ごたえが加わると、昼からビールが止まらなくなる。

 キクラゲは台湾の特産品。手ごろな価格で山盛りだ。

 いかにも酒のさかなだったのが、湯葉の煮物。この後何度か登場するが、台湾では豆乳などの大豆加工品をよく食べる。タケノコや干しシイタケと一緒に甘辛く煮付けられた湯葉は、居酒屋の突き出しに出てくるような味。きっと日本酒にも合うに違いない。1皿50台湾元なので、200円もしない計算になる。

看板料理のショーロンポー

 いかんいかん、看板料理を忘れていた。ショーロンポーは、蒸したてがせいろごと運ばれてくる。デフォルト味のほか、カニ入り、ヘチマとエビ入りを注文する。まずは、基本の味から。たれは、小皿と同じく店内中央に用意されたものから、好みで選ぶ。まずはたれなしで味を確認しよう。

 スープは意外にあっさりだ。このあと3日間、多くの店で共通したのは、油くどくないやさしい味付け。基本の味を確かめたら、好みで様々なたれをつけて「自分好み」を探し出していく。

 意外だったのが焼きギョーザ。「三鮮鍋貼」は、ちょっと厚めの皮が特徴。ニラやニンニクも効いていて、いかにも日本的な「ラーメン屋のギョーザ」の味だ。本場では水ギョーザが基本と聞いていただけに、ますます「日本人好みの味」を実感する。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL