日経エンタテインメント!

僕は藝大の声楽科を卒業しているのですが、当時はミュージカルで頭がいっぱい。オペラをちゃんと勉強してきませんでした。それを残念にも思っていたので、また接する機会を与えていただいて、すごくうれしかったですね。

実際に目の前で聴くと、やはり歌の迫力がすごかった。オペラ歌手は、自身が生の楽器なんだと実感しました。人間の声を、楽器としてどこまで使えるか。スポーツで、これだけ跳べた、これだけ速いと競っているのと同じように、人間は鍛錬すればここまで声を出せるんですね。

生声でマイクを使わずに、ほとんどが外国語。今はどんなコンサートや歌番組でも、歌手の目の前のモニターに歌詞が出るのですが、『ニューイヤーオペラコンサート』ではまったくありませんでした。自分のレパートリーは全部覚えているのです。

全国の人に向けたNHKの生放送で外国語で歌うのは、すごいプレッシャーだと思います。でもオペラは、それが当たり前の世界だから、鍛え方が違うとあらためて思いました。僕たちミュージカル界の俳優は、まだ甘えているところがあるんだなと。

いろんな歌手の方と話して印象に残ったのは、新春の恒例になっているコンサートだけに、出演できるのはすごく名誉で、うれしいと口をそろえていたことです。というのも、日本のオペラの市場は大きいとは言えず、ミュージカルや演劇みたいに1カ月も続けて公演できません。1回歌うと、のどを休めるために1日休むといった制約もあったりして、なかなか一般の人に知ってもらう機会がない。そんななかで、NHKが毎年お正月にコンサートを生放送してくれるのは、オペラの魅力を多くの人に伝えるという点で、とても意味があることなんだ。皆さん、そう言ってました。ミュージカル界も今でこそブームといわれますが、宣伝するのに苦労する時代も長かったので、思いはよくわかります。

新しいことに挑戦する勇気

出演者の1人である藤木大地君は藝大の同級生です。以前はテノール(男声の中高音域)でしたが、カウンターテナー(女声に相当する高音域)に転向して、国際的に活躍しています。

彼は宮崎出身で、僕は福岡なので、九州の声楽の大会などでよく一緒になり、高校生のころから知っていました。本当に歌がうまくて、同学年に僕より歌がうまい人がいるんだ、と初めて思った相手でした。それで2人とも藝大に入り、同級生になり、同じ先生の門下でずっと一緒だったんです。

彼の活躍は知っていましたが、共演したのは今回が初めてです。コンサートが終わった後、久しぶりに2人で飲みました。大地は、卒業してから、いろいろな経験をして、ここに至ったと話してくれました。

僕は藝大に入ったとき、世の中には歌がうまい人がこんなにいるんだと本当に驚きました。大地もその1人です。ところがその大地が、外国で学んだりするうちに、上には上がいると思い知ったそうです。このままいってもトップにはなれないと考え、一度スタッフに転向したといいます。それで何かの機会にカウンターテナーで歌ったところ、手応えを得て、また頑張って今に至っていると話してくれました。

あれだけ歌がうまくて、僕が到底かなわないと思っていた大地が、それまでやってきたことを捨てて、カウンターテナーに転向して、それで世界で認められるようになったというのです。話を聞いて、すごいなと思いました。その勇気をなかなか持てないと思います。才能がありながら、それを一度捨てて、新しいことに挑戦するって。僕も頑張らなければと思って、すごく刺激を受けました。 

彼も、僕がミュージカルなどで俳優としてやっていることを「本当にすごいね」と言ってくれました。「デビューして18年もの間、ずっと第一線でやれているのはすごいことだよ」って。昔は、そんなふうに人を褒めたりするやつではなかったんですけどね(笑)。経験を重ねて、変わったんだなと思いました。大地と久しぶりに会えてうれしかったし、いい話ができました。

そんな再会もあり、オペラのすごさをあらためて感じたり、取り組んでいる人たちの思いを知ったりして、いろんな意味で司会をやれてよかったです。いい仕事始めでした。

スタッフの方と話していて、ミュージカル版ができたらいいですねという話題にもなりました。『ニューイヤーミュージカルコンサート』、ぜひ実現してほしいです。

井上芳雄
1979年7月6日生まれ。福岡県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。大学在学中の2000年に、ミュージカル『エリザベート』の皇太子ルドルフ役でデビュー。以降、ミュージカル、ストレートプレイの舞台を中心に活躍。CD制作、コンサートなどの音楽活動にも取り組む一方、テレビ、映画など映像にも活動の幅を広げている。著書に『ミュージカル俳優という仕事』(日経BP社)。

「井上芳雄 エンタメ通信」は毎月第1、第3土曜に掲載。第15回は2月3日(土)の予定です。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧