出世ナビ

デンシバ Spotlight

爆買いブーム一服 訪日客、伸び悩む1人当たり消費額

2018/1/23

訪日客でにぎわう浅草寺(東京都台東区)

日本を訪れる外国人の観光客が増え続けています。2017年は過去最高の年間2869万人を記録しました。ただ、外国人1人当たりの消費額は伸び悩んでいます。何が起きているのでしょうか。

観光庁によると年間の1人当たり消費額は15年まで3年連続で伸び、過去最高の17万円台となった後、17年まで2年連続で減りました。訪日客の消費額の約4割を占める中国人の行動が変化したため、との見方が有力です。中国人の消費で比重が高いのは買い物代で、宿泊料金や飲食費を大きく上回っています。小売業者からは中国人の「爆買い」ブームが去り、消費意欲が鈍ったとの声を聞きます。

ニッセイ基礎研究所の久我尚子・主任研究員は為替相場の影響に注目しています。訪日した中国人1人当たりの消費額を人民元に換算すると、総消費額、買い物代ともに11年から16年までほぼ横ばいだと分かりました。人民元に対する円安が最も進んだのは15年です。「自国通貨建てで予算を組む人が多いので、円安が進めば円換算の消費額が増え、円高になれば消費は減る」と分析しています。

日本商工会議所の五十嵐克也・地域振興部長は為替相場の影響に加え、「日本を繰り返し訪れる中国人が増え、買い物の内容が変化してきた」とみています。日本百貨店協会が訪日客に人気がある商品を調べたところ、15年6月の首位は高級ブランド品、16年6月と17年6月は化粧品が首位で、食品も上位に入りました。中国政府が16年、国内消費を促すために高級品を中心に関税率を引き上げた影響も出ているようです。

訪日客の増勢を反映して総消費額は増えていますが、一時より伸びは鈍っています。経済産業省は、サービスや小売りをはじめとする日本の第3次産業に訪日客の消費がどの程度、貢献しているかを独自の指数を使って試算しました。17年4~6月期の個人向け第3次産業活動指数は前期に比べ0.9%上昇し、訪日客の消費指数の寄与度(貢献)は0.05%。15年4~6月期は指数全体が前期比0.3%低下する一方、訪日客の寄与度はプラス0.1%でした。同省の石塚康志・経済解析室長は「15年は外国人が消費をけん引したが、現在はそれほどの勢いはない」と指摘しています。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL