MEN’S EX

2018/1/22

3万円台

■足元が決まるボリューミーなラウンドトウ

REGAL SHOE&CO.
/リーガル シュー&カンパニーの「サドルラストプレーントウ」

水や埃の浸入を防ぐためのスリットウエルトをソールとアッパー間に挟み、ボリュームを出している。水に強いガラス加工の牛革や滑りにくいゴムソールで雨の日も活躍。グッドイヤー製法。
3万4000円(リーガル シュー&カンパニー)


■通勤向きのパンチトキャップトウ

OTSUKA/オーツカの「OG-1001」

スワンネックのステッチが美しい一足はほぼ手作業の九分仕立てゆえ、グッドイヤー製法の靴でも履き始めから柔らか。コルクパッドを重ねた快適ソールや雨に強いバーニッシュレザーも日常使いしやすい。
3万8000円(大塚製靴)


■老舗と共同開発した渾身のオリジナル

HANKYU MEN'S/阪急メンズのストレートチップ

大塚製靴の木型を用いたオリジナルは、ウエストを絞り、小ぶりなヒールカップで優美さとフィット感を追求。仏アノネイ社のベガノカーフや、細く端正なステッチワークも美しい。グッドイヤー製法。
3万6000円(阪急メンズ東京)


■コインローファーながらスーツにも合う

PERFETTO×WORLD FOOTWEAR GALLERY
/ペルフェット×ワールド フットウェア ギャラリーのコインローファー

スクエアトウのシャープな木型に、イタリアンカーフのアッパーやビブラム社のドレッシーなラバーソールを採用。細身ですっきりしたドレスローファーだ。グッドイヤー製法。
3万7000円(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店)


SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE