冬太り対策は「水」 正しい水の取り方・使い方

冬はおいしい食事やお酒を楽しむ機会が多くなります。一方で、おなか周りや顔のむくみなど冬太りに悩む女性は多いもの。体の代謝を上げるために水分をたくさん取る女性が増えていますが、正しい水の摂取法は意外に知られていないようです。水の取り方のコツや硬水や軟水の特徴を生かしたレシピをご紹介します。

冬の冷えには白湯がおすすめ

アクアミネラーレ協会アクアアドバイザーで、富士山の銘水マーケティング部の久保田美穂さんに水の摂取法について聞きました。

「人の体は約60%が水分から成り、1日に常温・安静時で呼吸や皮膚から900ミリリットル、尿から1500~1700ミリリットル、合計2400~2600ミリリットル程度の水分が排出されます。水分量が減ってしまうと脱水症状の兆候が表れます」(久保田さん)

固形の食べ物や体内の酸化作用によって補われる水分は1日に1000ミリリットル程度。その他の水分は飲み物で摂取しなければなりません。

「お茶やコーヒーなど利尿作用があるものも摂取することを考えると、水だけで1500~2000ミリリットルの摂取が必要です。一気に取るのではなく、150ミリリットルを1日に10~15回程度に分けて、こまめに摂取するのがおすすめです」(久保田さん)

また、寒い冬の水分摂取の方法として、冷え性の方にとくにおすすめなのが「白湯(さゆ)」をこまめに飲むことだそう。

「白湯は体の内側と外側の両方から温めてくれますので、自分好みの温度の白湯をこまめに飲むことをおすすめします。水分を取り過ぎると太るというイメージがありますが、水はカロリーゼロなので、白湯を飲んで太ることはありません。余分な水分は尿や汗となって排出されます」(久保田さん)