緑茶も新しい波 シングルオリジンで味の違い楽しむ

「煎茶堂東京」では、コーヒーのようなケトルとオリジナルの透明急須でシングルオリジン緑茶の試飲ができる。透明急須は茶葉が広がり、色が出る様子がわかりやすく、目でも楽しめる
「煎茶堂東京」では、コーヒーのようなケトルとオリジナルの透明急須でシングルオリジン緑茶の試飲ができる。透明急須は茶葉が広がり、色が出る様子がわかりやすく、目でも楽しめる

コーヒーやチョコレートなどで近年「シングルオリジン」という言葉をよく耳にするようになった。単一品種・単一農園のコーヒー豆やカカオを原料にすることで、味や香りの違いを楽しんだり、生産者がわかったりすることで消費者が安心できるというものだ。このシングルオリジンが緑茶でも注目されている。

緑茶は「宇治」や「狭山」など産地の名前が付けて売られているのでシングルオリジンのイメージを持つ人が多いかもしれない。実は複数の農園や品種の茶葉をブレンド(合組=ごうぐみ=という)して作られるのが一般的だ。お茶のメーカーは、様々な茶葉から一定の味わいのブレンドを作るのが技術とされてきた。シングルオリジンの緑茶は一定の味わいを安心して飲むことよりも、個性を楽しむものだ。

2017年11月、銀座にシングルオリジン煎茶の茶葉を扱う専門店「煎茶堂東京」がオープンした。煎茶とは栽培や加工方法によって分類された緑茶の種類の一つで、緑茶の中ではもっともよく飲まれているもの。煎茶堂東京はLUCY ALTER DESIGNが運営する日本茶ブランドgreen brewingが、17年1月に三軒茶屋にオープンしたカフェ「東京茶寮」に続く同ブランドの2店舗目となる。客層は30~40代の男女が中心だ。LUCY ALTER DESIGNの谷本幹人さんは「想定以上の反響に、(出店プランなど)色々な予定を早めて動いている」と話す。

「煎茶堂東京」店内の様子

煎茶堂東京の店内や商品パッケージは従来の日本茶の店の伝統的なイメージと異なるモダンな印象で、それぞれの商品に苦味、甘味、旨味の度合いが星印でつけられている。緑茶でこのようにわかりやすく味わいを示したものは珍しい。谷本さんはもともとコーヒーの事業を運営しており、コーヒーでよく使われる表現を採用した。今回、緑茶を取り扱うにあたり、バリスタの仲間たちと協力しながら味の評価基準を定めていったという。

緑茶はすべて試飲が可能。今回は「はるもえぎ」と「Z1」の2品種を試飲した。実は、日本で作られている緑茶の75%は「やぶきた」という品種だが、ここではこのように他の品種の緑茶もそろっている。

「はるもえぎ」は緑色が濃くうま味も強い
「Z1」は黄色がかっていて、味もさっぱりしている

Webサイトにも茶葉についてさまざまな情報を公開している

「はるもえぎ」は緑がかった黄緑色で、口に含むと甘みとうま味が広がる。一方「Z1」は明るい黄緑色。その色合いのイメージ通り、クリアですっきりとした飲み心地だ。茶葉によってこれだけ味が変わるのかと驚き、まさにコーヒーのシングルオリジンのように、違いを楽しむということが直感的に理解できた。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
生産者を支える取り組みとしても注目
MONO TRENDY連載記事一覧