欲しい家電No.1 スティック型掃除機はこう選ぶ

日経ウーマン

この6台を試しました。(左から)エレクトロラックス、ダイソン、東芝、シャープ、アイリスオーヤマ、マキタ
この6台を試しました。(左から)エレクトロラックス、ダイソン、東芝、シャープ、アイリスオーヤマ、マキタ
日経ウーマン

「家事がラクになる」「時間をかけずにキレイになる」etc.の時短家電を選ぶコツは? 注目の「スティック型掃除機」を徹底リサーチしました。

家事ストレスが驚くほど減る! 優秀な生活家電を基本アイテムに

家事の手間を劇的に減らしてくれる生活家電の機能は、年々進化。「スティック型掃除機は、その典型。コードレスで手に取りやすく、楽に持ち上げられる軽さで高所の掃除をこなせるタイプも。掃除機が手軽に使えると、やる気を後押しし、部屋が片づくいい効果が。5~10年でバッテリーか本体自体の交換が必要ですが、元は取れます」(家電コーディネーターの戸井田園子さん)

機能より「使いやすさ」を優先すべし

高機能&多機能な家電はよく見えがち。しかし、その機能が実は必要でないことも。「自分にとっての使いやすさが、家電選びの最優先項目。例えば掃除機は、吸引力が重要とされがちですが、女性なら『軽い』『操作しやすい』『カーテンなど床以外の掃除もこなせる』『ゴミ捨てや充電がしやすい』など、譲れない部分があるはず。そこを大事にして選ぶと確実」(戸井田さん)

大注目のロボット型掃除機とスティック型との併用もおすすめ。「ロボット型は床、隅や床より上はスティック型を」(戸井田さん)

最新機種の買いどきはズバリ「発売の半年後」!

新商品の価格は発売直後が最も高く、だんだん値崩れしていくのが一般的。国内メーカーの場合、年に1度のペースで新製品が出ることが多いため、「最新機種の最初の買いどきは、発売から半年後。発売直後より2~3割はお得です。価格重視なら、半値程度になる発売から1年後が狙いどき。スティック型掃除機は春に新製品の発売が多いので、要チェックです」(戸井田さん)

必要な機能を見極めて「真のコスパ」をアップ

同じジャンルの家電でも価格帯が分かれるのは、主な機能が違うから。価格差を生む機能が自分に必要かジャッジできれば、コスパのよい買い物ができる。スティック型掃除機は5万円を境に、吸引力やヘッドの設計、充電池の持ちなどで差が出る。ただ、「必要最低限の掃除をきっちりできればいいと考えるなら、5万円以下でも十分」(戸井田さん)。

□5万円以下:部屋が狭め&ちょこちょこ掃除派向け
・必要最低限の機能をしっかりこなす
・付属品なども少なめ
□5万円以上:1台で家中の掃除をこなしたい派向け
・ヘッドの作りや充電池などが高性能
・付属品なども豊富

□Check 1 自立する?

「モノをどかしながらやる」など、掃除途中でよく手を止める人には、自立できる掃除機が便利。モーターなど本体が下にあり、重心が低いものを選んで。今回では唯一、エレクトロラックスが当てはまる。一方、モーターなど本体が手元側にあり、重心が高いものは自立しない。ダイソンなど、主流はこの形。

(左)自立タイプは、床掃除の際にも安定しやすくかけやすいメリットが。(右)自立しない5台は、収納時に壁づけや床置きできるホルダーで固定できるものも

□Check 2 高い所も掃除しやすい?

カーテンやエアコンなど、高い場所もラクに掃除するには、モーターなど本体が手元側にある方が扱いやすい。本体の一部を取り外せば、ハンディ型になるタイプのものも便利。床以外も掃除したいなら、本体の軽さやコンパクトさも大切!

5万円以上のシャープ、東芝、ダイソンは、付け替えヘッドが豊富。隙間や高所など、かゆいところに手が届く。

本体の一部を取り外し、ハンディ型になるタイプも。手元に重心がある(自立しない)タイプは、逆さにしたとき、手首にかかる負担が軽く、持ちやすい

□Check 3 ゴミ捨てはしやすい?

ためたゴミの量と吸引力は反比例するので、頻繁にゴミ捨てできるかが重要。主流のサイクロン式は、吸った空気を回転させ、遠心力でゴミをカップに分離、こまめに捨てられる。吸ったゴミを直接パックに収める紙パック式は、より清潔。

(左)紙パック式:ゴミが舞わず清潔。ただし、捨てるたびにパックの取りつけが必要。(右)サイクロン式:掃除のたびにゴミ捨てできる。ダイソンはゴミ捨てがワンアクション

□Check 4 連続運転できる長さは? 

充電バッテリーの性能は、価格に直結。5万円以上では、ダイソンが連続運転時間(標準モードで運転の場合)約40分と際立つ。バッテリーが2個のシャープも、長い運転。5万円以下なら、アイリスオーヤマが約30分と長め。

シャープはバッテリー1個で約30分連続運転。着脱式で、使用中に片方の充電も

□Check 5 得意なのはフローリングのみ? カーペットにも向く?

カーペット掃除もするなら、ゴミをかき出す力のある「ブラシ式」のヘッドがいい。ただし、フローリングのみなら「直接吸い込み式」でも十分。さらにダイソンの「ロール式」なら、大小のゴミを同時に吸う、抜群の吸引力でフローリングをピカピカに仕上げることができる。

ブラシ式:エレクトロラックス、シャープ、東芝はこのタイプ。カーペットのゴミもキレイに
直接吸い込み式:回転ブラシがない、アイリスとマキタ。床表面のゴミやほこりを吸引する
ロール式:ダイソンは床表面の大小のゴミを根こそぎ吸引

□Check 6 かけ心地は軽く、ストレスフリー?

操作性に直結するのが「軽さ」。重量は数字より“感じ”が大切。シャープや東芝のように、ヘッドのブラシが回転するモーター付き(自走式)なら前への動きが軽やか。持ち手とヘッドの動きが連動しやすいと、操作が軽くなる。

(左)東芝は、握りやすく、手首への負担も軽い持ち手が、操作性を高める 。(右)エレクトロラックスは、持ち手を左右に振るとヘッドも滑らかに向きを変え、かけ心地抜群

□Check 7 手入れ&収納のしやすさにも注目!

ヘッドブラシの掃除が楽なのは、エレクトロラックス。掃除機のダストカップやフィルターの手入れは、紙パック式ならパックを捨てるだけ。サイクロン式は手入れが必要だが、ダイソン以外は、ダストカップを丸洗いできて清潔を保てる。フックに掛けて収納できるマキタも便利。

ヘッドの手入れ:エレクトロラックスは、スイッチを踏むだけでブラシに絡む毛をカット
収納:壁に立てかける、充電池台に置くというものが多いなか、フックで掛けられるマキタは収納が楽
ダストカップの手入れ:ダイソン以外、分解して水洗い可。東芝はサイクロン部も洗え、排気もすっきり

【5万円以下】

マキタ リチウムイオン充電クリーナー

■マキタ リチウムイオン充電クリーナー CL072DSH(※1) 1万6000円(希望小売価格)/マキタ 

[高所OK][紙パック][フローリング向き][軽い]

電動工具メーカー製。構造が簡素な分、軽く、さっと手に取れて手軽。紙パックか、洗って繰り返し使える付属のダストバッグを使用するか選べる。

サイズ(※2):幅11.3×奥行き14.6×高さ98.4cm 重さ:約1.21kg(本体のみ約0.99kg ※3) 充電時間:30分 連続運転時間(※4):12分 集じん容量:0.5L(ダストバッグ)

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDC4 1万9800円(実勢価格)/アイリスオーヤマ

[高所OK][紙パック][フローリング向き][軽い]

軽量で、スリム。ヘッド内部で気流を回転させ、ゴミを吸引。ゴミやほこりを検知し、自動で吸引力を高めるセンサーも搭載。自立収納できるスタンド付き。

サイズ:幅23.6×奥行き16.2×高さ100.3cm 重さ:約1.2kg(本体のみ約0.9kg) 充電時間:約3時間 連続運転時間:30分(自動) 集じん容量:0.3L

エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム カラーポップ

エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム カラーポップ ZB3103 2万1889円(実勢価格)/エレクトロラックス

[自立][サイクロン][フローリング&カーペット向き][操作性]

「掃除中の体感重量は約500g」とうたうだけあり、床面での操作が軽やかながら、安定感も。ワンタッチでハンディ掃除機になって便利。上位モデルあり。

サイズ:幅27.8×奥行き21.8×高さ111cm 重さ:約2.4kg(ハンディ約1.0kg) 充電時間:約4時間 連続運転時間:約20分 集じん容量:0.5L

【5万円以上】

シャープ ラクティブエア

シャープ ラクティブエア EC-A1RX-N 6万1906円(実勢価格)/シャープ

[高所OK][サイクロン][運転時間長め][フローリング&カーペット向き][軽い]

サイクロン式のなかでも軽く、コンパクト。布団、高所、隙間各専用の多彩なヘッドが付属、高所なども1台でキレイに。バッテリーは着脱式。

サイズ:幅22.2×奥行き22×高さ98cm 重さ:約1.5kg(本体のみ約1.1kg) 充電時間:80分 連続運転時間:全60分(バッテリー1本につき30分) 集じん容量:約0.13L

東芝 トルネオVコードレス

東芝 トルネオVコードレス VC-CL1400 6万4800円(実勢価格)/東芝ライフスタイル

[高所OK][サイクロン][フローリング&カーペット向き][操作性]

各部分の形状や重さのバランスを日本人女性に合わせて設計。軽い腕振りで掃除できる。吸い込むだけでなく、強風で掃き掃除もこなせるのもユニーク。

サイズ:幅26.6×奥行き22.4×高さ103cm 重さ:約1.9kg(本体のみ約1.4kg) 充電時間:5時間 連続運転時間:20~25分 集じん容量:0.2L

ダイソン V8 fluffy

ダイソン V8 fluffy 6万2500円(実勢価格)/ダイソン

[高所OK][サイクロン][運転時間長め][強い集じん力][フローリング向き]

独自のモーターで、繰り返し使っても強い吸引力を保つ。スイッチを押す間のみ、作動。高さがあり、背の高い人に。カーペット用ヘッド付きの上位モデルも。

サイズ:幅25×奥行き22.4×高さ124.4cm 重さ:約2.61kg(本体のみ約1.58kg) 充電時間:5時間 連続運転時間:40分 集じん容量:非公開

※1 「マキタ」は電動工具メーカーのため、家電量販店での商品の取り扱いは基本的にありません。ウェブサイト上のショップ、ホームセンターなどで購入できます。※2 サイズの「高さ」はヘッドから持ち手までの長さを指します。※3 「本体の重さ」とは、ヘッドやノズルを除いた掃除機本体の重量です。※4 「連続運転時間」は、表示のないものは標準モードで運転した場合の目安時間です。

(注)「実勢価格」表記の商品は、オープン価格。掲載の価格は日経ウーマン編集部が2017年11月に都内の量販店で調べた。

この人に聞きました

戸井田園子さん
家電コーディネーター。All About「家電」ガイド。女性ならではのユーザー目線で、最新事情や使い勝手など、家電を分かりやすく解説。雑誌やテレビで活躍中。

(ライター 秋山香織、写真 小野さやか)

[日経ウーマン 2018年1月号の記事を再構成]