How to

靴紐の結び方 フォーマルで緩みにくい「パラレル」

2018/1/26

 足と靴をひとつにする靴紐(くつひも、シューレース)。靴の履き心地は、その人の歩みはもちろん、その日一日の気分も左右する。シーンに合わせた靴紐の結び方・通し方と、それぞれの特徴を知っておけば、ビジネスに臨むときの気持ちも変わるかも。基本中の基本となる靴紐の結び方・通し方を紹介します。

《動画で見る「靴紐の結び方」》
緩みにくい「オーバーラップ」
より上品でフォーマルな「シングル」
スポーツ選手も愛用の「イアン結び」
美しくほどけにくい「二重結び」




 ビジネスなど向けのフォーマルな靴紐の結び方・通し方としては、紐穴(アイレット、鳩目=はとめ)の間を靴紐が横一文字に結んで、平行に並ぶ「パラレル」と「シングル」が代表格。今回はパラレルを取り上げます。

 見た目はシングルと同じですが、裏側では左右がクロスするように結び上げていく方法です。左右均一に圧力がかかるため足をしっかりホールドし、締まりも良く緩みにくいのが特徴です。

《靴紐の結び方・通し方》

(1)つま先側1段目にある左右の穴に上から紐を通し、長さをそろえます。
(2)片方の紐を2段目の穴の下から上に通します。
(3)反対側の同じ段にある穴に上から下へ紐を通します。
(4)この手順を繰り返します。
(5)パラレルの完成です。

協力:伊勢丹メンズ館

「How to」記事一覧

Latest