出世ナビ

ビジネス書・今週の平台

正月明けに読む本は? 食事術のベストセラーが1位に 紀伊国屋書店大手町ビル店

2018/1/12

 ビジネス街の書店をめぐりながら、その時々のその街の売れ筋本をウオッチしていくシリーズ。今回は、定点観測している紀伊国屋書店大手町ビル店を訪れた。年明けの営業は3日から。大手町はオフィス街ではあるが、箱根駅伝復路のゴール地点のため、その日は人通りが多い。このため半日ほど店を開けたという。本の動きはまだ鈍い3~5日の3日間で一番売れたのは、ビジネスパーソン向けの食事術の本だった。

■糖尿病専門医による食事法

 その本は牧田善二『医者が教える食事術 最強の教科書』(ダイヤモンド社)。2017年9月刊行の本だから、すでに手に取っている人も多いだろう。4カ月足らずのうちに9刷を数え、今なお売れている状況だ。糖尿病専門医の著者がエビデンス(証拠)に基づいた食事法を伝授する内容で、大手町で勤める人たちはこの正月は食べ過ぎ気味だった人が多かったのか、買っていく人が多かったようだ。『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)をはじめ、昨年は仕事以前のコンディションづくりに注目した本がベストセラーになる傾向が続いたが、その流れは年が明けても勢いを失っていないとみえる。

 著者の考えの中心は、血糖値のコントロールが健康を維持する最大のポイントというもの。その考え方を様々な研究データや論文などに依拠しながらわかりやすく説明し、「医学的に正しい食べ方20」や「100歳まで生きる人に共通する10のルール」にまとめている。糖尿病専門医として38年間、延べ20万人以上の患者を見てきた経験と医師としての知見を背景にした力強い主張が小気味いい。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL