トラベル

九州 味めぐり

こだわりの創作ブレンド おいしさ長持ち ブリュワーズコーヒー「ばんぢろ」

日本経済新聞西部夕刊

2018/1/11

福岡市にある上川端商店街。博多どんたく、祇園山笠などの発祥地として、博多商人の息づく町だ。商店街をまっすぐ歩くと赤い看板が目にとまり、2階への階段を上ると「ばんぢろ」がある。

「創業者である祖父、その後を継いだ叔父の姿を見ていてずっとやりたかった」とオーナーバリスタ徳安善孝さん。19年ぶりに、ばんぢろのコーヒーが堪能できるとあってお客は喜んだという。徳安さんがこだわったのは、美味(おい)しいコーヒーを引き継ぐ事、そしてコーヒーが苦手な人にも利用していただける場にしたいという思い。

イラスト・広野司

ばんぢろ方式創作ブレンドコーヒー500円(税込み)は、80度前半のお湯で低温抽出をすることによって時間がたっても味が変わらない。アイスコーヒーのばんぢろ方式創作冷珈琲(こーひー)500円は、あらかじめ砂糖をいれクリームを浮かべロックグラスに注がれそのまま混ぜずにいただく。

ティーアドバイザーでもある徳安さんが厳選した紅茶はドイツ製で20種類もあり、最近では紅茶を目当てに来る人もいるという。

「昭和20年代ごろに、ここまでコーヒー抽出、冷珈琲にこだわった先代はすごいです」と祖父、叔父への尊敬の気持ちを大切に引き継ぐという言葉だけでは表現できない一杯を味わうことができる。ぜひゆっくりと訪れてほしいお店だ。

(千葉 いずみ)

〈ぶりゅわーずこーひー ばんぢろ〉福岡市博多区上川端町4の235の2階電話092・981・3335

食べ歩きが大好きな地元在住のライターや日経記者が見つけた九州・沖縄のとっておきの味を紹介します。

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL