ミッドナイト・サングラス。by Takanori Nakamura Volume 8

サングラスは、デザインだけでなくレンズカラーにもこだわって欲しい。色によって個別の機能が備わっているだけでなく、かける人の肌の透明感や、若々しさの演出にも効果があるからだ

「真夜中のサングラス」と聞いて、どんな人物像を連想なさるだろうか? 匿名性を望むワケありの人なのか、あるいは“お忍び”というエクスキューズを借りて目立ちたい自称有名人なのか。いずれにせよ、白黒はっきりしない曖昧なイメージを持たれるかもしれない。

文=中村孝則 写真=藤田一浩 スタイリング=石川英治

(9)男の鉱物、女のジュエル。>>
<<(7)カメラの温故知新。

ところが、白夜の北極圏の旅人にとって、サングラスは真夜中であっても、絶対に忘れてはならない必需品である。それは北欧の人びとの常識だ。白夜とは66.33度の北極圏(南極圏)より高緯度で、一日中まったく太陽が沈まない現象をいう。

私がかつて取材したノルウェーのトロムソは、北緯69度。6月の約1カ月間は、太陽が沈まない。白夜のトロムソは時間帯にもよるが、夜間の太陽は地平線や水平線ギリギリを、時計回りに移動する。向く方角によっては太陽がモロに視線に入るため、サングラスなしではまぶしくて仕方がないのだ。

白夜に限らず、緯度の高い北欧では年間を通じて、太陽が低く差し込むため、クルマの運転にも欠かせない。友人のノルウェー人たちも、サングラスには結構うるさかった。

■「白夜」はロシアからやって来た

そもそも日本は、かつて領土だった占守島(*)ですら北緯50度だから、白夜という現象も白夜という言葉もなかった。では白夜はどこから来たか。ドストエフスキーの有名な小説に「白夜」があるように、白夜という言葉はロシア語のベーラヤ・ノーチ(白い夜)を直訳したものだ。

ちなみに英語で白夜は、ミッドナイト・サン。ホワイト・ナイトでは「眠れない夜」という意味だから要注意である。

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash