ノー・ナイフ、ノー・ライフ。by Takanori Nakamura Volume 2

イタリア・スカルペリアでは子供の頃から自分用のナイフをお守り代わりに大事にしている

イタリアのトスカーナ地方にスカルペリアという小さな街がある。愛称は、刃物の街である。ルネサンス時代からメディチ家の北方の守備の街として、刃物の生産で栄えた。街の男たちにとって、ナイフは故郷の誇り。子供の頃から自分用のナイフをお守り代わりに大事にするそうだ。

文=中村孝則 写真=藤田一浩 スタイリング=石川英治

(3)万年筆は、千年あたらしい。>>
<<(1)トランクは雄弁だ。

私もスカルペリアのナイフを、長いこと愛用している。切れ味もさることながら、いかにもイタリア製らしい、瀟洒(しょうしゃ)なデザインが気に入っている。お守りというわけではないが、国内外問わず旅にはこのナイフを厳重に梱包して持ち運ぶ。そして、レストランで肉を注文した時は、店に断りを入れて、マイ箸ならぬマイ・ナイフを使わせてもらうこともある。肉は、使い慣れ研ぎ込まれたナイフで切る方がめっぽううまいからだ。

肉を切るという行為は、それ自体が官能的な営みであり、味わう喜びにも直截(ちょくせつ)する。客に与えられた特権でもあるから、最大限にたのしみたいと思う。もっとも、大阪のレストラン「HAJIME」のように、お客のナイフのすべてを、切れ味鋭く研いでおくような店では、そんな無粋なマネはしないが……。

■ナイフの似合うやつこそ、ほんとうのダンディー

「ここではナイフの似合うやつこそ、ほんとうのダンディーだよ」と私にマイ・ナイフの習慣を勧めてくれたのは、トスカーナで養豚業を営むカルロさんだった。ポケットにいつも、愛用のナイフを忍ばせているカルロさんは、スカルペリアの郊外で幻の豚、チンタネーゼを育てている。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram