今買うべき4Kテレビはこれ 有機ELでは東芝が優秀

日経トレンディ

日経トレンディ

「液晶テレビでは出せない、漆黒の闇を表現できる」。そんなうたい文句を武器に、有機ELテレビが市場を席巻している。一方で、液晶も4K対応のハイエンド機を中心に着実に進化を遂げ、特に画質面の向上は著しい。有機ELか液晶か──今買うべきはどちらなのか。

結論から言うと、使う用途やシーンにより「ベスト」は異なる。そもそも有機ELは、画素そのものが発光する自発光パネル。14年まで国内で販売されていたプラズマテレビと同じく、画素単位で輝度を調節できるのが最大の利点だ。その真価が発揮されるのが黒の表現。画素ごとに消灯でき、沈み込むような漆黒が表現できる。対する液晶は、パネル裏側に配したバックライトで画面を照らすため、微細な光の調節が難しく、光が漏れて黒を沈ませにくいのが特徴だ。

そんな有機ELのメリットが如実に現れるのが、暗い部屋での映像鑑賞。特に、緻密に作り込まれた映画は黒の繊細な表現力がものをいう。有機ELは色表現も豊かで、臨場感は抜群だ。

逆に、輝度の面では、液晶に一日の長がある。回路への負荷や電流量の関係で画面全体の輝度を高めにくい有機ELに対し、液晶は強力なLEDバックライトを組み合わせれば比較的容易に「明るいテレビ」が作れるからだ。特に最近は、輝度のレンジを拡張してコントラスト感のある映像が楽しめる「ハイダイナミックレンジ(HDR)」への対応がハイエンド機のトレンド。暗闇からまぶしいほどの明るさまで自在に表現できるかどうかが重要になる。

今狙うべき4K液晶

上位機譲りの「高コスパ」モデル

画面輝度が必要になるのは、明るい部屋でテレビを見る場合だ。特に、外光が差し込むようなときには高輝度が欠かせない。映画より日中のテレビ視聴が多い人は、上位機種譲りの画質エンジンを備えたミドルクラスの液晶モデルがコストパフォーマンスに優れるので狙い目だ。


ただ、最新の有機ELパネルもピーク輝度がアップし、「一般的な明るさの部屋で見るぶんには輝度不足を感じることはほぼない」(AV評論家の折原一也氏)。今後より市場が広がるのが確実な次世代画質のテレビを、先んじて買ってもいい時期が来ている。

最新有機EL、3社の実力は?

有機ELテレビ選びで最も肝要なのは、当然ながら画質だ。動画配信サービスなどで対応が進む4K映像を、有機ELのメリットを生かしてどれだけ緻密に再現できるか。さらに、意外に見落としがちなのが、地上デジタル放送などの2K映像の画質だ。4Kの実用放送は18年12月にようやくBS/110度CSで始まるものの、今後数年から10年程度は地デジが引き続き放送の中心になるとみられる。「ブルーレイディスクを含め、身の回りのコンテンツはいまだ2Kが多い」(ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba)。

MONO TRENDY連載記事一覧