グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ にせカラスミ餅、余った餅を食べつくす法

2018/1/7

 2018年最初の週末レシピは、この時期何かと余りがちな餅を、新鮮な気持ちで、あっという間に食べつくすことができる料理をご紹介する。最近は少量パックが増えたとはいえ、ひとりやふたり暮らしでは案外食べきれない。まして実家からのし餅が送られてくるような家では、確実に持て余してしまうのが正月の餅というものだ。

 どうして餅は余ってしまうのか? ひとつには、餅はつい多めに買ってしまう食材だから。そしてもうひとつは、同じコメでもご飯は飽きないのに、餅はなぜか飽きてしまうからだ。元旦から飛ばしてお雑煮を食べると、2日めには飽きてしまう。もうカレーの方がいいな、なんて考えてしまう。それが餅の宿命だ。

 それなのに、餅の命は短い。ボーッとしてると、あっという間にカビが生えてしまう。パックに入ったものは日持ちするが、新しいうちに食べたほうが断然おいしいものだ。餅は初動が大事。まだ日が浅いうちに、目先を変えた新鮮な料理法で食べ尽くしてしまおう。

食べきれるのか、のし餅=PIXTA

 今回は3つの料理を用意した。どれも見栄えの割には簡単なので、今夜にでも作ってみてほしい。

・揚げだし餅

・餅キムチ春巻き

・にせカラスミ餅

 まずは「揚げだし餅」から。

揚げだし餅

【材料(2人前)】

餅 名刺大2個 / 大根おろし 80グラム / 天つゆ 適宜 / 揚げ油 適宜 / ねぎ、刻みのり お好みで

揚げだし餅の材料

 油を180度に温めておく。

 大根はおろし、軽く水気を切っておく。

 天つゆをちゃんと作る場合は、昆布とカツオ節でとっただし汁4、しょうゆ1、ミリン1の割合で合わせ、ひと煮立ちさせる。餅2個なら80ミリリットルもあれば十分だ。もちろんだしは粉末でもいいし、めんつゆを薄めて天つゆ程度の濃さにするのでもいい。

中から餅が飛び出たら揚げ上がり

 餅はパック餅なら4等分から6等分、のし餅や丸餅の場合も同じくらいの大きさに切り、180度の油でカラッと揚げる。中からプシュッと餅が飛び出てきて、変なかたちになったら上げどきだ。油を切った揚げ餅を器に入れ、てっぺんに大根おろしをこんもり乗せたら天つゆを回しかける。お好みでネギやのりを飾って出来上がり。

 注意点はひとつ。餅は油の中で膨らむと非常にくっつきやすいので、一度に全部入れずに半量ずつ箸でコロコロ転がしながら揚げること。この料理は、要は揚げだし豆腐の豆腐が餅に変わったものだ。サクサクの揚げ餅に、さっぱり大根おろしがからんでいくらでも食べられる。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL