マネー研究所

使わなきゃ損! 個人型DC iDeCo

課税強化の18年 非課税投資の合わせ技で切り抜ける 家計再生コンサルタント 横山光昭

2018/1/10

PIXTA

 新しい年になりました。昨年、私は投資を始めることによる家計へのメリットの大きさを考慮しながら顧客の相談に応じてきました。今年は高所得者層への課税が一段と強化されますが、この動きは今後あらゆる層に広がりそうです。ですから多くの人が、節税効果のある投資の方法を学びながら家計改善や貯蓄に臨むことが必要な年になると思います。節税しながら効率の良い資産形成に取り組み、貯蓄しにくい時代を切り抜けてほしいと願っています。

■人々の意識は貯蓄から投資へ

 2017年は個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる対象者が広がったことで老後資金づくりがこれまで以上に注目され、関連するメディアの特集や書籍も増えました。そのため、「自分もiDeCoを活用して老後資金をためたい」という相談が多くありましたし、なかなか貯蓄の仕組みをつくれない相談者に制度を紹介したケースもありました。

 併せて18年1月スタートの積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)について紹介する機会もしばしばありました。超低金利時代で、「預金するより投資信託などでコツコツ積み立てるほうがお金が増えるのでは」と考える人が増え、人々の意識は貯蓄から投資へと少しずつ変化してきました。中でも投信で長期分散投資が比較的容易にできるつみたてNISAは、iDeCoと併せて関心を持たれています。

■つみたてNISAやiDeCo、初心者も関心

 両者ともに多少の勉強は必要ですが、運用商品がある程度絞られていることもあり、投資の経験がない人でも始めやすい仕組みなので、初心者も興味を持っているようです。また、iDeCoは60歳まで拠出した金額が所得控除され、受け取り開始の最終年齢の70歳まで運用益が非課税です。つみたてNISAも20年間は運用益が非課税ですが、このような税優遇にも魅力を感じる人が多いようです。

 例えば、預金口座に毎月5万円をコツコツ貯蓄していたGさん(34)。老後のため家計を一生懸命やりくりして5万円を捻出していますが、「お金のため方としてこのままでいいのか」と疑問に感じ、相談に訪れました。「預金金利は低いし、投資したほうが利回りはよさそうだ」と言います。ただ、Gさんは投資の経験はありませんし、投資にはもちろんリスクもあります。「そんな自分が投資を始めていいのか。考え方に間違いはないだろうか」などと心配していました。

■投資信託で運用、100歳目前まで黒字に

 そこでまず、現状の毎月5万円の積み立て貯蓄のままでのライフプラン表を作ってみたところ、普通に暮らしているだけで90歳になる前に赤字になります。多少の蓄えはあっても、80歳くらいになると施設に入所する人が増えるといわれ、その資金が全くない状態になってしまうのです。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL