WOMAN SMART

ライフスタイル

お歳暮は何日まで? 年末年始のマナーとしきたり

2017/12/27

PIXTA

今年も残り少なくなりました。年末年始は普段に増して行事やしきたりが多く、慌ただしいと感じる方も多いのではないでしょうか。年の暮れから元旦までの時期、ちょっと気になるしきたりやマナーについてマナーコンサルタントの西出ひろ子さんにお聞きしました。

■お歳暮は31日までOK お年賀でも

年末は、お世話になった方にお歳暮を贈る時期。これには、新年に召し上がっていただきたいものを贈るという意味合いもあります。お歳暮は地方によって贈る時期が異なりますが、遅くとも12月25日くらいまでに贈るとされています。しかし、贈りたいという気持ちはありながら時間を取ることができず、「気が付いたらあと3日で今年も終わってしまう、どうしよう」というお悩みのご相談を受けることもあります。

そのようなときは新年に「お年賀」として贈れば問題はありません。とはいえ、やはり感謝の気持ちは年内に伝えたい、という思いもあるでしょう。その場合は、12月31日までに確実に届くのであれば、お歳暮として贈ってもよろしいかと思います。その際は例えば、新年を祝って華やぐイメージのお正月向けのフラワーアレンジメントや、おせち料理と共に楽しんでいただけるビールや日本酒などの飲み物もよろしいでしょう。ただし注意すべきは、お花を含む生ものやその他賞味期限が短いものを贈るときです。先方が旅行などで留守をしていないか、事前に確認しておく必要があります。

■飾り付けは遅くなっても30日には終える

お正月を迎える準備の一つである、門松やしめ縄、鏡餅などのお正月飾りは、12月28日までに飾り終えるとされています。これは、29日は「9=苦」に通じることから「苦立て」「苦松(苦待つ)」「苦餅(苦持ち)」と連想されるため、縁起が悪いといわれているからです。また、31日に飾ると「一夜飾り」となるため、年神様をお迎えするに当たって準備に余裕がなく誠意に欠けるとされることからNG。28日までに準備ができない場合は、30日に飾ってはいかがでしょうか。年神様に「余裕がなく、直前となり失礼いたします」と心の中で伝えながら飾るとよいでしょう。

大みそかには、年越しそばを食べる方が多いですね。実は、31日の大みそかであれば、別に夜に限らず、いつ食べてもよいといわれています。夜に食べる人が多いのは、「年越しの晩にそばを食べれば運が開く」とのいわれから来ています。これは昔、年の瀬を越せない人々にお寺がそば餅を配ったところ、翌年からその人々の運気が上がってきたため、大みそかの夜に「運気そば」として年越しそばを食べるようになったという説からのようです。そばは細く長く伸びることから「寿命が伸びる」「末永く繁栄する」など縁起を担う意味があり、「福そば」「運生そば」「寿命そば」などと呼ばれています。一方、他の麺より切れやすいことから「一年の悪縁を切る」という意味もあるそうです。

■元旦は「水にかかわることを控える」

新年を迎え、1月1日の朝を元旦といいますが、この日の朝風呂は控えたほうがよいということがあります。その理由は、元旦にお越しくださった年神様を水で流してしまわないよう、水にかかわることは控えたほうがよいということです。おせち料理も、水仕事をしなくて済むようにと準備するものでもあります。お風呂も大みそかのうちに入って、この一年に感謝しながら洗い流すものは洗い流すという気持ちで新年を迎えると、一層あらたまった気分の年越しになるかもしれませんね。

このように、しきたりはさまざまな由来やいわれがありますが、大切なことは、お世話になった方や、年神様への感謝の気持ちです。贈り物も、時期を逃したからといって何もしないよりは、自身の気持ちを伝えるほうがすっきりするかもしれませんし、時期にとらわれてストレスを感じたり、期限を優先し心は二の次で慌てて贈っても気持ちが伝わらない結果になったりということもあります。この時期は特に、自分の心の声に正直に、無理をせずに行動することをおすすめします。

今年も皆様にご愛読いただきまして、誠にありがとうございました。2018年も、互いを思いやる真心マナーで、皆様のご健康とご多幸を願い、ご成功のお役に立てる情報をお伝えしたいと存じます。どうぞ皆様よき2018年をお迎えくださいますよう、心より祈念いたしております。

西出ひろ子
マナーコンサルタント・美道家。英国の民間企業WitH Ltd.ウイズ・リミテッド日本支社代表を務めたのち、ヒロコマナーグループの代表として、ウイズ株式会社、HIROKO ROSE株式会社、一般社団法人マナー教育推進協会を設立。企業などでの研修・コンサルティング、マナーを軸に健康、美容、ファッションなどトータルな人材育成とコンサルティングを行う。オリジナルブランド「ヒロコスタイル」でマナーに則した洋服やバッグもプロデュース。著書は70冊以上、最新刊に「かつてない結果を導く超『接待』術」(青春出版社)。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL