人生100年 投資デビューはいつでもOK(藤野英人)レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者

PIXTA
PIXTA
「2018年に私たちが楽しみにしている一番の出来事はつみたてNISAのスタートだ」

2017年も残すところ、あと1週間足らずとなりました。来る18年、私たちが楽しみにしている一番の出来事が、積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)のスタートです。

 積み立て投資する場合に年間40万円を上限として最長20年間、運用益や分配金に対する約20%の税金が非課税になるという画期的な内容です。金融庁の「国民の安定的な資産形成を実現しなくてはならない」という問題意識が制度発足の背景にあります。16年に導入が決まり、17年は準備期間として私自身も奔走した1年でした。

つみたてNISAは長い目で日本のためになる

 つみたてNISAは毎年、枠いっぱいの40万円を投資して20年間続けた場合、最大800万円までの元本に対する利益が非課税になります。例えば、運用して10万円の利益が出たとしましょう。通常は約20%が課税されるので、手元に残るのは8万円程度。これがつみたてNISAなら、まるまる10万円が手元に残るのです。

 また、金融庁はつみたてNISAの対象として低コストの投資信託を選定しました。これまで業界で売れ筋だった毎月分配型や手数料が高い投信は、つみたてNISAの対象外です。長期投資に向かないと考えられる商品が排除されたことで、つみたてNISAを利用する人が安心して商品を選べる環境が整ったといえるでしょう。

 これに対し、業界では「手数料が安く利益が出ない」など、様々な意見があります。しかしながら、私はこの制度の積極的な推進に貢献したいと考えています。長い目で見て日本のためになることだと信じているからです。

 そもそも私は「資本市場を通じて社会に貢献する」ことを経営理念として自分の会社を創業しました。前回のコラム「伝えたい ワクワクして楽しい投資文化」でも述べましたが、投資とは未来を信じることです。夢を描く、未来を信じる、というプロセスが「投資文化」です。投資文化を日本に根付かせるチャンスとして、つみたてNISAにとても期待しています。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
18年は老いも若きも投資する「つみたて元年」に
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし