マネー研究所

日経マネー 特集セレクト

18年は「インフレ恩恵銘柄」狙い 億万投資家の読み 億万投資家大放談(下)

日経マネー

2018/1/22

 18年は上げ相場が続くとみて強気に攻めるべきか。それともトレンドの変化を意識すべきか。投資妙味のある業種やテーマは何か──。株式投資で1億円超を稼いだ4人の腕利き投資家が熱く語り合った(前半の「『18年前半は強気で』 億万投資家4人の投資戦略」はこちら)。今回は、4人の具体的な投資戦略について見ていこう。

◇  ◇  ◇

──今まで伺ってきた相場の見通しを踏まえて、どのような投資を展開しようと考えていますか。

えす 私はスタンスを変えるつもりはなく、自分の得意な投資を続けるだけです。ただ、景気の高揚、インフレ、賃金の上昇といったものが次に訪れるので、それらの恩恵を受けられそうな銘柄に投資していきます。

井村 これまでの中小型成長株投資を続ける点では一緒ですが、加えて仮想通貨の関連銘柄にも投資していきます。仮想通貨のビットコインがさらに派手に上がる可能性があるとみているからです。ビットコインの価格が30万~40万円の時に「買おうかな」と思っていて、結局買わずに取り損ねた。ですから、関連銘柄は取りたい。既にその目的で、仮想通貨の利権を全方位から押さえにかかっているSBIホールディングス(東1・8473)を購入しています。

www9945 私は14年間、資金のほとんどを投資に回していて(フルポジション)、キャッシュがゼロなんですが、小型株の1銘柄を数千万円分保有すると、1日の売買高が5000株とか6000株といった銘柄を4万~5万株持っている形になる。そうすると、非常に寒気がする時があるんですよ。

えす 分かる。小型株は簡単には売れないからね。

www9945 ですから、5%くらいはキャッシュにしたいと思っているのですが、なかなかできない。持ち株を売却したら、信用取引で購入した分を現物にする資金にどうしても回してしまう。

井村 それで常にフルポジション。それは恐ろしい。

www9945 1銘柄当たりの持ち株数を減らして保有銘柄を増やすと、今度は打率が低くなります。四半期ごとに決算を見て、銘柄を矢継ぎ早に入れ替えていく手もありますが、1~2年は業績の推移をじっくり見たいという自分のスタンスに合いません。キャッシュを持てないなら、日本株を売却してできた資金を現引きに回すのではなく、例えば足元で値上がりしているベトナム株の投資に回そうかと考えたりしています。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL