How to

休日にその服装はNGです! 女性が嫌う男の着こなし シンプルで「上品そう」なら好感

MEN’S EX

2017/12/25

目立たない、がカギかも
=ボトムスは装いに馴染むもので

デニムは休日アイテムとしてスタンダードなだけに、慎重に選ぶ。いかにも学生っぽいアイテムではなく、大人としてこなれた感じ=シンプルかつ上質なものをチョイス。ただし、ハイテク系スニーカーなど子どもっぽく見られる合わせは避けたほうがよい。

「クールなブラックデニムは好きです」(浅川さん)

右:デニム2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) 左:パンツ2万9000円/PT05(リング 東京)

「荷物を持てない」は論外
=手も空けられる収納力もあるトートバッグ

休日のバッグほどチョイスが難しいものはない。手ぶらも正解の一つだが、あえて持つなら収納力のあるトートバッグを推したい。それも取っ手に適度な長さがあり肩掛けも可能なものを。両手が空き、パートナーのサポートも容易だ。

「トート、リュックなど使い勝手はチェックポイントです」(加藤さん)

鞄6万8000円/フルラ(フルラ ジャパン)

遊びを添えるのも重要だから
=メガネ・サングラスはハズしに好適

普段からメガネをかけている方はもちろん、必要ない方も、休日のアクセサリーとしてのメガネを再考して欲しい。ドライブに行く時のサングラスは当然として、抜け感のあるコーデを目指すにもメガネは名脇役になってくれるからだ。

「キザすぎなければ少しの遊びもOKです」(中河さん)

上:2万8000円/エナロイド(ブリンク ベース) 下:3万2000円/TVR(オブジェ・イースト)

※表示価格は税抜きです。

撮影/瀬津貴裕(biswa.)、長尾真志、石澤義人 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE)、勝間亮平(masculine) 取材・文/長崎義紹(paragraph)、中河由起恵(paragraph) イラスト/ユリコフ・カワヒロ

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年1月号の記事を再構成]

関連記事「大丈夫?仕事の身だしなみ 女性はココを見ている!」もお読みください。

Latest