トヨタとのEV新会社は「マツダ流」 藤原専務に聞く

マツダの藤原清志専務(右)と小沢コージ氏
マツダの藤原清志専務(右)と小沢コージ氏

日本で今、電気自動車(EV)といえば、気になるのは2017年8月に決まったトヨタ自動車とマツダの提携であり、2社にデンソーを加えて9月にスタートしたEVづくりの新会社「EV C.A. Spirit」である。同社にはスズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業も合流することを決めた。マツダはなぜトヨタと組んだのか。両社が組めば、今までにないどんなシナジー効果が得られるというのか。新会社の開発トップとなったマツダの藤原清志専務を小沢コージ氏が直撃した。

◇  ◇  ◇

新しいEVをC.A.のスピリットでつくる

小沢 単刀直入にお聞きします。なぜマツダはEVづくりでトヨタと組むことになったんでしょうか。しかも開発トップは現マツダ専務の藤原さんなんですよね。そこにもびっくりで。

藤原 というか(EV C.A.Spiritの)代表はトヨタの寺師茂樹副社長がされていて、私はそこから委託されて開発のリーダーをやっています。役職としては開発担当部長ということで。

小沢 しかも社名がすごい。「EV C.A. Spirit」だなんて。EVは当然、電気自動車ですが「C.A.」はマツダの開発手法の1つである「コモンアーキテクチャー」(※)の略ですよね? いったいどういうことなんでしょう。

※ 小型車、中型車、多目的スポーツ車(SUV)といったセグメントを超えて、車全体や部品を企画する開発手法

藤原 文字通り、新しいEVをC.A.のスピリットでつくりましょうということです。それだけ彼らがわれわれの力を認めてくれたということでしょう。

新会社の体制イメージ(画像提供:トヨタ)

小沢 どっちがどう歩み寄ったんですか。トヨタはトヨタで当然プライドがありそうだなと。もちろん豊田章男社長とマツダの小飼雅道社長を見ていると、お互いにリスペクトしているのは十分伝わってくるのですが、現場ってプライドの塊じゃないですか。特にものづくりの人たちは。いわばトヨタがマツダ方式でつくるような話でもあって、そこに一番驚きました。

藤原 そこは規模の違いでしょう。トヨタのメンバーがトヨタ流のやり方をすると、どうしてもコモンアーキテクチャーじゃなくて、モジュール生産になってしまう。それを自戒する意味での社名でもあると思います。

小沢 そうか。トヨタは大量に高品質なものをつくるのが得意だけど、マツダは少量でも多様で高品質なものをつくるのが得意。そこには素人が想像できないくらいの壁があって、それこそが新会社のカギであると。

藤原 コモンアーキテクチャーなので、一つひとつの部品は違う。しかしものづくりの考え方は一緒。そこにわれわれの強みがあります。

マツダとトヨタの業務資本提携調印式より。左からトヨタの豊田章男社長とマツダの小飼雅道社長(画像提供:マツダ)

キモは多品種少量生産と電池技術

小沢 具体的には藤原さんにどういう指令が下されたんですか。単純に「EVをつくれ」と言われても幅広いじゃないですか。現状、日産自動車「リーフ」は大衆車型EVとしてなるべく安く売ろうとしていますが、まだ電池が高くて巡航距離が短い。一方、最近ではテスラがプレミアムなEVセグメントで成功しているものの、高いし数は出なくて車両単体では利益が出ていないという話があり。EV C.A. Spiritはそこをどう攻めるんですか?

藤原 EVの市場はさまざまなわけです。レクサスのようなプレミアムセグメントもあるし、マツダやトヨタが得意とするコンパクトセグメントもあるし、三菱ふそうトラック・バスやいすゞ自動車のような大型トラックや軽自動車でEVをつくりたいと思っているところもある。私などは軽トラックのEVをつくりたいと思っているわけで(笑)。

小沢 ということはEVで多品種少量生産をやろうとしてるんですか。

藤原 そうです。2020年を越えたあたりからの次の10年間を考えても、まだそんなにEVが伸びるわけではありません。1車種で何百万台が売れるプリウスのような市場ではないので。みなさんが想像しているのとは違って。