笑顔を絶やすな! トム・クルーズの神対応が米国基準できるアメリカ人 11の「仕事の習慣」(6)

岩瀬昌美

岩瀬昌美
イラストはイメージ=PIXTA
イラストはイメージ=PIXTA

アメリカの「できる人」は、日本人が抱くイメージとこんなに違う!――。在米29年の日本人女性起業家が米国企業の意外な「現場」を紹介する「できるアメリカ人 11の『仕事の習慣』」(岩瀬昌美著、日経プレミアシリーズ)から、「できそうに見える」ことに殊更こだわる米国ビジネスパーソンの「実態」を紹介します。前回掲載「朝8時、なぜ米国の『できる男』はジムにいるのか?」に続き、今回は「笑顔を絶やさないことで得られる世間の評価」についてです。




■なぜ素人の表情は怖いのか

「生まれつき、この顔なんです。怖くて申し訳なかったですね」なんて開き直る人がいるかもしれません。その考えは間違っています。人に安心感を与える顔は、自分で作り上げるものだからです。

私はテレビ放送で月に4回、日本食の料理ショーを持っています。テレビに出るようになって知ったのは、人間は普通にしていると怖い顔に見えるということ。だから、プロはつねに口角を上げています。

テレビに素人が出演すると、すぐ素人だとわかりますよね。あれは顔が怖いからです。テレビ慣れしたプロは、無理にでも笑顔を作っています。そうしないと、怒っているように見え、好感度が下がるからです。

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash