N
Men's Fashion
できる人は見た目が10割

岩瀬昌美

岩瀬昌美
2018/3/7

できる人は見た目が10割

ブランドンの誕生日にうちの子が招かれたときは、なんと有名ティーンアイドルシンガーのケイティ・ペリーが電話をしてきて、ハッピーバースデイを歌ってくれたそうです。

■「この人と一緒に仕事がしたい」と思わせる

もちろん、仕事をしていれば機嫌の悪いときもあるでしょう。浮き沈みの激しいエンターテインメント業界ですから、仕事がなくて大変なときもあったようです。それなのに、いつ会っても笑顔。訓練のたまものだと思います。他人からどう見られているかを、つねに意識している。私がクライアントなら、仕事を頼みたくなります。

たとえば新規のIT業務のプレゼンがあったとしましょう。どちらも内容は甲乙つけがたい出来ばえです。ところが、A社のセールスマンはずっと苦虫を噛み潰したような表情をしている。一方、B社のセールスマンはずっと笑顔で、少し意地悪な質問をしても「すぐにエンジニアと相談して、折り返し連絡します!」と元気よく答える。皆さんはどちらに業務を委託しますか? もちろんB社ですよね?

ビジネスは人間と人間がするものです。企画書の内容はもちろん大切ですが、「この人と一緒に仕事がしたいなあ」と思わせることも重要なんです。だからこそ、できるアメリカ人はいつも笑みをたたえているわけです。

岩瀬昌美
 広告代理店MIW Marketing & Consulting社長。南山大卒業後、サンディエゴ州立大修士。三洋電機初の女性総合職として入社。カリフォルニア州立大ロングビーチ校経営学修士(MBA)。Kang&LeeAdvertising、AT&T本社などを経て現職。アサヒビール、ヤクルトなどの米国での広告戦略などをサポート。

次回は「笑顔を絶やさないことで得られる世間の評価」について取り上げます。

以下の記事もあわせてお読みください。
第1回 「ボロは着てても心は錦」? アメリカにそんな言葉はございません
第2回 スーツに個性は不要! アメリカのビジネスでは「信頼感」を優先
第3回 ビジネスの装いは戦略だ! 米国人は外見で自分を知らせる
第4回 手本は三浦カズ 「スーツに着替えてコンビニ」に学べ

できるアメリカ人 11の「仕事の習慣」 (日経プレミアシリーズ)

岩瀬 昌美 著
出版:日本経済新聞出版社
価格:918円(税込)

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram