手本は三浦カズ 「スーツに着替えてコンビニ」に学べできるアメリカ人11の「仕事の習慣」(4)

岩瀬昌美

岩瀬昌美
イラストはイメージ=PIXTA
イラストはイメージ=PIXTA

アメリカの「できる人」は、日本人が抱くイメージとこんなに違う!――。在米29年の日本人女性起業家が米国企業の意外な「現場」を紹介する「できるアメリカ人 11の『仕事の習慣』」(岩瀬昌美著、日経プレミアシリーズ)から、「できそうに見える」ことにこだわる米国ビジネスパーソンの「実態」を紹介します。前回の「ビジネスの装いは戦略だ! まず外見で自分を知らせる」に続き、今回は「カジュアルな装いに対する考え方」を取り上げます。




■週末の格好も気を抜けない

平日はスーツをビシッと着こなして、ヘアスタイルもキメている。そんな人は週末に会っても格好良さは同じです。

もちろん、週末に子供のサッカーやファーマーズマーケットでバッタリ会うときには、カジュアルウェアです。でも、印象が平日と変わらない。この「いつ会っても同じイメージ」という部分が重要なのです。服を着ているのであって、着られているのではないということですから。あくまでメインは本人です。

できるアメリカ人たちがすごいのは、たとえポロシャツにショートパンツというラフな格好をしていても、エリートのオーラが溢れ出していること。週末でもヘアスタイルはバシッと決めていて、ポロシャツもパリッときれいに糊がきいていて、目を合わせればこちらをまっすぐに見てニコリと満面の笑顔です。

子供のサッカーの試合でたまたま会った隣家のパパとも気持ちよく話をし、それがビジネスにつながったなんてこともよく耳にします。

「今度、うちで大きな案件があるんだけど、なかなかいい弁護士が見つからなくてね。誰か知らないかい?」

「腕利きの企業弁護士を紹介できるよ!」

なんて会話が、サッカー場でもよく聞かれます。オンもオフも関係ない。

私だって、買い物をしているときも、子供のサッカーの試合でも、広告代理店の岩瀬昌美です。どこにいても耳をダンボにして、情報収集している。ワークライフ・インテグレーションが基本だからこそ、カジュアルでも手を抜かないわけですね。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019