動画配信激戦、2018年も 独自番組さらに強化へ特集 動画配信サービス最前線 (下)

Netflix、Amazonプライム・ビデオ、AbemaTV、GYAO!にお薦めのコンテンツをたずねると、それぞれの個性が見えてきた(PIXTA)
Netflix、Amazonプライム・ビデオ、AbemaTV、GYAO!にお薦めのコンテンツをたずねると、それぞれの個性が見えてきた(PIXTA)

最近、日本でも普及しつつある動画配信サービス。これまで2回にわたってNetflix、Amazonプライム・ビデオ、AbemaTV、GYAO!の成り立ちと戦略を聞いてきた。最終回は4つの動画配信サービスのお薦めコンテンツを見てみよう。同じ「動画配信」といっても、それぞれに個性があることが見えてくる。

Netflix/優れた映像作家の作品を楽しむ

テックカンパニーとしてスタートしたNetflix。配信システムの使い勝手を高めることを第一義に、コンテンツ制作に関してはさほど口出しすることなく、世界の優れた映像作家たちに「自由な制作の場」を提供している。

2013年に同社が送り出したデイヴィッド・フィンチャー監督のドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は、衝撃的だった。約1億ドル(約113億円)の予算、そうそうたるスターの出演。配信されたドラマは1シーズン(13話)が一挙配信され、多くのユーザーが寝不足となった。主演俳優は13年、14年にゴールデングローブ賞テレビ部門の主演女優・男優賞をそれぞれ受賞。「Netflix=メジャー」というイメージはここで定着した感がある。

ダスティン・ホフマンやアダム・サンドラーらが出演した『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』(写真上)や、ウィル・スミス主演の『ブライト』など、有名俳優が出演するオリジナル作品が続く

17年のカンヌ映画祭コンペ部門に出品され、劇場公開されない作品に賞を授与することの是非を巡り、論争となったダスティン・ホフマンやアダム・サンドラー、ベン・スティラーらが出演した『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』。そして12月22日、全世界一斉配信されるウィル・スミス主演の超大作バディアクション『ブライト』など、ハリウッド・スターの出演作が続く。

Netflixの「コンテンツ制作に関してクリエイターの自由な発想力・想像力を尊重する」というスタンスを、広報担当の中島啓子さんは、「クリエイターが何を実現したいかという思いを大切にしています。私たちはその作品にどんなファンがいるのか、見たいと思ってくださる人がどのくらいいるのかなどの基本的なことをとらえて準備したあとは、クリエイターにお任せしています」と説明する。

日本独自コンテンツにも力を入れる

米国で1997年に創業し、2007年にストリーミングサービスを開始、16年にはいっきに130の国と地域に拡大し、いまでは190カ国でサービスを提供するNetflix。多くの国が自国で作られたオリジナルコンテンツなしにスタートしたが、日本だけは立ち上げ時から日本独自コンテンツを持っていた。

18年公開のアニメ『DEVILMAN crybaby』は原作の結末までを描くと話題に。世界190カ国に配信される (C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

「日本のユーザーは、日本独自のコンテンツを好む傾向にあるので、日本のオリジナルコンテンツを提供することは重要でした。結果的にそれが成果にもなりました」と中島さん。日本独自コンテンツの製作は、現在も急ピッチで進められており、今では世界各地で数多くのユーザーに視聴されているという。

「本来、オリジナルコンテンツは、グローバルで通用するものであるべきですが、それにより作家性や訴えるものが曖昧になるくらいなら、まずは日本を優先してターゲットにすべきだとも思っています。それが本当にいいものであれば、世界で受け入れられると信じているからです。まずは視野を広げすぎずにいいものを作ろうと考えています」

現在、永井豪の原作漫画の結末までを初めてアニメーション化することで話題となっている『DEVILMAN crybaby』。監督の湯浅政明は、17年にアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門グランプリを受賞した『夜明け告げるルーのうた』の監督を務めた。「日本のアニメは、世界中で視聴されています」というだけあって、18年1月5日に世界190カ国に配信される。

「アメリカなどに比べて、アジアではモバイルでの視聴者が多くいらっしゃいます。ラジオを聴くように電車の中などでは副音声だけでも楽しまれている方もいらっしゃるようで、そういう新しい見方を試していただけるのはうれしいですね」

Amazonプライム・ビデオ/ファミリーでも、一人でも

2000年に日本進出を果たして17年、eコマースの分野では既に評価が確立しているECサイトAmazon。定額制動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」は2015年9月、巨大なショッピング・サイト(=メディア)に併設された定額制動画配信サービスという位置づけでスタートした。

「ショッピングサイトは、男性も女性も、ティーンエージャーからシニアまで幅広く使っていただいています。オリジナルコンテンツを企画する際も、それぞれのカスタマーセグメントに合ったものを十分に提供していきたいと考えています」とAmazonプライム・ビデオ コンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレルさん。

アマゾン日本オリジナルの、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』は2017年、Part4までが配信された

プログラムに関しては「最新の映画やテレビ番組、ドラマ、アニメ、子ども向け番組などを幅広く提供すると同時に、リスクをとってお客様を驚かせようとも考えています」という。

「例えば『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』は、大物コメディアンの松本人志さんから新しくてクレイジーな企画を提案いただきました。リスクを取ったものがすべて成功するわけではありませんが、Amazon としてはつねに面白いこと、新しいことにトライしていくことも大事だと思っています」

映画・ドラマとショッピングが一体に

他社のサービスとの違いを聞くと『はぴまり~Happy Marriage!?~』『バチェラー・ジャパン』『仮面ライダーアマゾンズ』などオリジナルコンテンツを持っていることと、アニメーションやキッズ向け作品の充実などをあげたファレルさん。

MONO TRENDY連載記事一覧