ナショジオ

動画

助けたカメが犬と親友に! いつも一緒の珍生活

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/1/5

ナショナルジオグラフィック日本版

 いじめられていたカメを連れて帰ったら、なんと飼い犬のゴールデンレトリバーと大の仲良しになってしまった――。そんな愉快で心あたたまる動画が人気をさらっている。

 クリスティーン・ヒルさんがケヅメリクガメの「ラリー」と出会ったのは、米カリフォルニア州サンタバーバラの動物学習センターに子供たちを連れて行ったときだった。オス4匹のなかで一番小さいラリーは、ほかのオスたちから激しい攻撃を受けていた。オスたちは1匹のメスを奪い合っていたのだ。

 熱心な動物愛好家を自称するヒルさんは、飼育係に抗議した。そして、弱いものいじめをやめさせるために、ラリーを家に連れて帰りたいとセンターの責任者を説得した。ヒルさんの自宅には、このように救出してきたさまざまな動物が飼われている。

 「自宅に連れて帰ると、ラリーは自己防衛モードで、チャンスがあればフェンスの方へ逃げようとしました」とヒルさんは話す。だが最終的に、ラリーは家の中に入った。そして、ゴールデンレトリバーの「クリケット」と出会った。

 「ばかげていると思うでしょうが、まるでおしゃべりしているようでした」。ヒルさんはクリケットとラリーの出会いについてこう振り返る。ヒルさんによれば、クリケットが隣に来て座り、ラリーはようやくくつろぐことができたという。

 「あの日以来、彼らは離れられない関係になりました」。クリケットとラリーは並んで食事して、台所で一緒に眠る。散歩も一緒だ。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2017年10月6日付記事を再構成]

詳しい記事はこちら

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL